little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トルコ旅行記 <トルコ最終日 イスタンブール観光 トルコ・イスラーム美術館>
トルコに行く前から、
よくわからないままゼッタイ行く、と決めていたのが、
ここトルコ・イスラーム美術博物館。

アヤソフィアを出た後、売店で水を買ってると、
日本語ペラペラのトルコ人に声をかけられて、
喋ってるついでに場所をきくと、
結局美術館まで連れてってくれました。
すぐ近くで見えてたんですけどね(笑)
どうも放っておいてくれないのがトルコ人。
名古屋でトルコ料理店をやってるらしいので、
店名は知りませんが名古屋在住の方、行ってあげてください(笑)
良いおじちゃんでした。

結果を先に言うと、トルコ・イスラーム美術博物館は予想以上にすごい良かったです。
行ってから知ったのですが、別名
「carpet museum」と言われてるらしく、
アンティークの絨毯の素晴らしいコレクション!!
またトルコ各地の工芸品やセルジューク時代の出土品、イスラム美術品も良いものがいっぱい!
てか、わたし好み(笑)
しかもツアーの観光ルートには絶対入ってないので、
観光客が殆ど居なくて、静かにじっくり見れます。

かわいすぎるコレクションの一部↓
R8235833.jpg

R8235834.jpg

R8235839.jpg

R8235850.jpg

R8235858.jpg

写真(NO FLASHで撮影可)を撮りまくってたら、
途中でバッテリー上がっちゃいました。
もう、ものすごい悔しかった(涙)
イスタンブール滞在がもう1日あれば、間違いなくもう1回行ってました。

ちなみにこの建物は、スルタン・スレイマン1世時代の大宰相イブラヒム・パシャの邸宅だったそうです。“イブラヒム・パシャ宮殿”とも言われた豪壮な邸宅の1部は取り壊されたものの、残存部分を1983年にトルコ・イスラーム美術博物館に生まれ変わらせたそうです。
美しい中庭にはスルタン・アフメト広場を臨むバルコニーがあり、ゆっくり休憩ができ、またカフェも併設されています。外の旧市街の喧噪とは打って変わって、心地よい空間と静けさがあります。

入場料は10YTL。インフレのイスタンブールでは珍しく超良心価格。

近所にあったら、絶対通うのに!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。