little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トルコ旅行記 <出発~トルコ初日 その4 良い出会い編>
<その3>のその後・・。

ちょっと疲れを感じ、
喉もかわいたので、
近くのスタンド形式のお店で、
ザクロのジュースを買いました。3YTL。
私は小さいときからザクロが好きで、
絶対飲もうと狙ってたんですよね~!
トルコのザクロは日本のより果汁が多いようで、
真っ赤に熟れたそれを、目の前で、
ざくっと切って絞ってくれます。
ザクロ3個くらい絞ってたかも。

すごく濃くて、新鮮で美味しかったです。
ちびちび飲んでシアワセにひたりつつ、
シルケジ駅に戻って、ベンチに座り
残りのジュースを味わいました。

ベンチでザクロジュースで悦に入っていると、
なんだかあっちのベンチの人が、
こっちを見てる気がする。
まあ、トルコでは外国人だし、
見られるのは日常茶飯事なんだけど。
しばらくしてまたチラ見すると、
今度は体の角度全体がこっちを向いてる・・。
と思ったら、「Hello」て話しかけてきた!
またかよ、と思ったけど、
今度は怪しい人ではなさそう?。
だいたい良い人か、怪しい人かって言うのは、
顔つきや喋り方、笑顔の感じで判断できるのですが、
アラブ系の人は慣れてないこともあって、
もともと怪しく見えがち(笑、私には)で判断難しい。
まあ半信半疑ってとこです。

なんと言っても暇なので、日本の事やら
トルコの事やら、
「このNAR SUYU(ジュース)美味しいよね~。
 からだにもいいんだよ~」とか、
「ブッシュよりオバマのほうが、断然いいよね~」
みたいな話を脈略なくしてたような気がする(笑)

イスタンブールでエンジニアをやってるそうで、
今日は友達を送りにシルケジ駅にきていたそうな。
「日本は良い国だ、大好きだ。
 トルコも良い国だよ。」ていってました。
トルコ人は、結構自国大好きな人多いみたいです。
彼も、「トルコは、ムスタファ・ケマル・アタテュルク
(トルコ共和国の初代大統領)の国。
religionも強制されてなくて自由だし、
ツーリストもたくさん来る」って
とてもトルコに誇りを持ってるみたいでした。

ベンチでしばらく話してたのですが、
「よかったらteaかcoffee飲む?」
てことで、さっき気を引き締めたはずなのに、
近くのカフェに連れて行ってもらうことに(笑)。
だって暇だったので・・・(笑)

トルコの人は、家族をとても大切にするようで、
携帯に家族の写真をたくさん入れてたりします。
自分自身のことも大好きみたいで、
自分の写真も沢山持ち歩いてたりします(笑)
カフェで、そんな写真を見せてもらったり、
初トルコ珈琲をいただきながら、いろいろ話をしましたよ。
今度イスタンブルに戻ってきたら、
家族のいる家に来てね、と言ってました。
若めのおじさんだと勝手に思ってましたが、
なんと私と同い年でした(笑)

結局、電車の時間までそこで話して、
珈琲もおごってもらい、
なんとハイダルパシャ駅まで送ってくれました!
途中、屋台で焼き栗を買ってくれ、
「お腹がすいたら電車で食べて」と
スィミット(パン)まで買ってくれました。
「バックパックに入れてあげようか?」
といわれ、「お願いします」というと
なんとパンそのまま(包まず)カバンに入れられました(笑)
↑この辺りが感覚の違いで面白いです。

すごく親切で、申し訳ないくらいでした・・。
彼自身には無理としても、
どっかで誰かに絶対お返ししなければ、
と思いつつ、彼とさよならし、
アンカラ・エクスプレスィに乗り込んだのでした。

アンカラ・エクスプレスィはコンパートメントタイプの個室です。
ホテルのように、ツインタイプで、
一人利用の場合は独占ですが値段は1室分
(80YTL /2008.Nov時点)

R8235531.jpg
R8235530.jpg
狭いですが、クリーンだし快適。
乗務員のおじさんも感じイイです。
手前に、もらったスィミットが見えます。


R8235532.jpg
10:30 アンカラに向けて、出発。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。