little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あたらしいもの
恐怖で話しても、恐怖しかやってこないけど

夢や希望で話したら、夢や希望がやってくる。




たとえば、

「軍がないと国は守れない、と思っていた」として、

「でもヒトとして殆どの人は、軍なんて無い国、無い世界のほうがいい、と思ってる」

としたら、

じゃあ、その分離の間を、どう埋めて行くのか
どうやって縮めて行くのかという話をするのがいいなと思う。

どうせなら
新しいものをつくっていこう、という話がいいな。



すでに新しい未来を見据えて
新しいことをはじめている国も世界にはあって、
そういう国は、試行錯誤しながらも
ちゃんと前に進んで行ってるように思います。



「私は知っているんだ、だから、こうしか無理なんだ」と言う人に、
流されないようにしないとね。
その人が知っているのは古いことだけで、
新しい未来ではない。

新しいことは、まだ、だあれも本当にはわからない。
誰もまだしていないことだから、新しい。


作品つくる人は、経験として知っている。
新しいものを「創る」ことは、
つまり、まだやったことないことをやること。
まだだれも知らないことを生まれさせること。


まず、夢をえがいて、
または直感がやってきて、
どうしたらできるか考えながら
頭や手や五感を動かして
人と対峙して共感し合って
つくっていく。


過去は、その過去から学ぶためにある。

希望のある未来は、あたらしい。


だから
古いものがもうイラナイなあと思ったら


自分が心で
感じることをちゃんと信じて、
夢やら希望をちゃんと抱いて、
どうしたらいいかわからないまま、
学んで行動しながら
そっちの方向に進んだらいいんだ
と、思います。



SH352620.jpg
ちょっと前に剪定したガジュマルさん。
枝を捨てるのがしのびなくて、お水にさしておいたら、
かわいい根っこが出てきたよ。
そろそろ土に植えようかな。
こうして毎年、子ガジュマルが増えていく(笑)




関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。