little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もっと表現
三宅洋平さんの京都のスピーチ



とりあえず、見て!って思う。



私も
三宅洋平さんと
おなじことを思ってきたのに、
こんなに上手に伝えられずにきた。
いまもまだ当然、こんなに上手に伝えられない。
なぜなら、まだ一年生みたいなもんだから。


マクロビオティックをはじめた7年前から、
色んなことをよく知ってる人達に出会って、
いろんな情報がものすごく自然に入ってきた。

もっと遡れば、
23歳の時に会った当時の大好きな人が
いちばん最初だけれど、

ライフスタイルのこと、
環境のこと、ヘンプのこと、
フェアトレードのこと、エネルギーのこと
経済のしくみのこと・・

だいたい知っていたけど、
ぜんぜん表現できてこなかった。

いまでもそうだけど、
私のまわりには、
そういうことをよく知ってる人達が半分くらい
まったく知らずに興味もないだろう人達が半分くらいで


そういうことを表現すると
なんだか自分が、
世界の端っこにいるような気持ちになったし、

なんでかな、こわくって、
自分がうまく伝えられないかもしれないことや
間違ってるかもしれないことや
異端者みたいに思われることや・・
とってもとってもこわくって、
ほんとに親しい友人に、
小出しに話してみたりするだけだった。


でも、ほんとにみんなのために
そして同時に(めぐりめぐって)自分のために、
何を選んでいくか、何を選んでいくのが一番良いのかは解っていた。
そして、その伝えたいことを周りのひとたちに
実は、とてもとても解って欲しかった。



私がマクロビオティックをずっと続けているのは、
自分にとって心地いいということ、
それもあるけど、それプラス
地球全体を同時に意識に入れた食事法だから。
だから7年続いて、もうライフスタイルになった。
マクロビオティックをやって一番よかったことは
ここで自分が食べているものが
どういうところでどういう人達に
どういう風にして作られたか、
どういう気候のところで、
お日様や土や虫や水や色んなものが
どんなふうに関わってそれがあるか・・
というところに
意識が拡大していったところ。

そして、地球がきれいで健康な分だけしか、
きれいで健康な食べ物は存在しないこと、
ひいては、
きれいで健康なわたしたちは
きれいで健康な地球無しには存在し得ないことを
実感として感じられたところ。

どちらも、実践するうち、
理屈でなくて感覚で感じたんです。

「マクロビオティックは哲学だ」という人がいますが、
それは、その人が哲学としてしか「理解」してないからです。
ほんとうに実践すると、
マクロビオティックって、
澄んだ直感による食べ物の選択=
そこからつながって、”生き方”の選択、
直観的ライフスタイルなんだと実感します。
この”ライフ”は、感覚として
生活、と言う意味より、いのち、に近い。

そういうふうに、食べモノと
食べる自分というものにきちんと向き合っていると、
不思議なことに、
着るものを選ぶときにも同じように、
この服は、どこで、どんな風に、どんな人達によって
作られ、どんな風に運ばれてきたのかに
意識が向いてくんです。

生きる事に関わる、いろんな日々の選択が
自分に影響し、地球全部に影響し、
地球の裏側の人達にも影響していることが
感覚として解るのです。


私は、みんなが地球全体に意識を拡大して
日々の選択をすれば、
地球は平和になると思っている。
マクロビオティックが目指しているのも、
ほんとは世界平和なんですよ。

私は、そういうことを、ずっと伝えたかったし、
ずっとずっと
知らない人に気づいて欲しかったんでした。



三宅洋平さんが京都のフェスで言った
「チェコの革命についての話を
最近聞いたんですけど、
こういうことを言ってる人がいます。
ファシズムっていうものは、
国家が国民におしつけるというよりも、
国民の方が勝手に空気を読んで、
自粛の連鎖から生まれる事だと」



私たちが、しがらみや、見えない恐怖に脅えて
自分の思ってることを大きく表現できないならば、

しがらみや見えない恐怖で
ほんとのことを言えない政治家さんのことを
なーんにも言えない。

だって、一緒じゃん(笑)


しがらみで表現できない人を批判してるとかじゃないです
ただ
政治のなかで起こってることは、
まんま私たち”市民”自身なんだということです。


もう恐怖は手放しましょう 自由になりましょね
できる人から順番に。

とくに「ヒーラー」を名乗る人はほんとうに。
だって、自分の恐怖くらい、
ヒーリングするの簡単でしょ、笑


保身に走る時代じゃない。
本物はかならず、つたわる時代。

右でも左でも上でも下でもない世界
自分が自分自身であれば、ただそれが伝わるでしょ


怖いなら
みんなで”リスト”に載る時代(笑)
みんなで載れば、こわくない。←おい

でも、三宅さんが言ってる、
みんながジョンレノン、みんながボブ・マーレーって
そういう意味でもあるんだと思うよ。
もう自分がいちばんノリじゃないもの、
先に踊りはじめてくれた人達が、いっぱいいる。
私のまわりにも、いっぱい居るんですよ。


私とおんなじようだった人も
どんどん目覚めてアクションしていってると思う。


わたしはどうかな・・って
もう、大丈夫です。
”わたし”をもう、捨てれると思います。


人に説明するには
技術も知識も、まだまだ足りてない
どんどん入れていきます、
言いたい事を言うために
聞きたい事を聞くために
叶えたい事を叶えるために。


私も、三宅さんが言ってたのといっしょで
決めたら早い。
5倍速、たぶんいける、笑。


そして、ナンにせよ
表現するのを怖がってる人に、朗報。
私もさいきん気づいたんだけどね、
表現できる人は、怖くないんじゃないんだよ。
怖いけれども、表現しているの。
不安だけれど、やることやってるのです。
いいニュースですよね、笑



そんなこんなで、最後に
マクロビオティック勉強会、
呼んでもらったら何処でも行くことにいたしました。
3名以上集めてもらって、交通費はご負担ください。
参加費等、お問い合わせくださいね。
どうぞよろしくおねがいします♪

SH352597.jpg
SH352599.jpg








関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。