little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山田元農水相のお話。
山田元農水相のお話。
 ↓ ↓ ↓

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/90523



TPP以外にも、大手メディアには(たぶん)載らない
知っておくべき事がいっぱい話されてる動画。
掲載期間があるみたいなので、お早めに。

リンク先の動画をそのまま見ていただきたいけど、結構長いので、私のメモも添えておきます。

基本ざっくりした人間なので、抜けやら誤字脱字やらあるかも
悪気はないので、時間ない人はご了承の上ご参考に~(笑)
間違ってたらご指摘くださいねえ♪


****************
めも

TPP
・TPPで米韓FTA以上のものを日本は求められる。韓国では、畜産の7割が廃業、唯一勝ち取った「コメの関税」についても、2014年から段階的に、撤廃される。
・聖域6品目も、コメも含めて関税撤廃の例外は一切認められない、長期的には関税ゼロに。
・そうすると日本のコメの15分の1の値段で、外国産のコメが入ってくる。
・米韓FTAのように、まず畜産がだめになる。韓国では、豚を育てて出荷すると一頭につき日本円にして約一万円の赤字に。
・遺伝子組み替えの表示ができなくなる。
・原産国の表示、および国産の表示ができなくなる。→成長ホルモン漬けの畜産物を輸入し、しかもそれを消費者は見分けられない。
・成長ホルモンの人体への影響は、・・癌になる、女の子が3歳くらいで初潮になる、男の子の胸が大きくなる等
・インターネットの情報規制。著作権法にからんでの規制により、一般の人の間での情報のシェア、拡散が難しくなる。既存メディアにとっては都合がいい。情報統制が簡単にできる。
・関税の交渉は、このマレーシアの会合でほぼ決まってしまう。最後の2日に日本の官僚が行き、英文3000ページを、大慌てで読み込まなければならないのだから関税交渉などできない。
・マレーシアの会合で決まってしまえば、後からきた国は、何の文言も修正も交渉もできないというルールを承諾している、なのに「交渉できる」と言っているのは詐欺である。
・日本の主権を譲り渡すという意味では、第二次世界大戦の終結時の無条件降伏に等しい。


いまの日本の状況は、
国家の権力を強化する憲法改正の動きと、
反面、他国へ主権を売り渡すという隷属の強化の動き。
・なにをもって、日本は主権をゆずりわたす?アメリカから脅されている。アメリカのやり方に反対する日本の政治家は、日本のメディアや司法のシステムを使って、簡単に抹殺する事ができる(小沢さんなど過去の例)
・メディアは何に動かされているか?メディアの収益の7割は広告。大手広告会社は広告料で動かされている。CIAは外交機密費何兆円といったお金を使える→大手広告代理店(電通)はアメリカに食べさせてもらってる。日本の報道の自由は、世界で51番目。
・司法官僚は?東京地検特捜部はGHQの隠匿物資の摘発からはじまった。東京地検特捜部の中身はGHQ。法務省の課長以上は特捜検事である。みんなアメリカで研修を受けてくる。アメリカと、検察検察庁、法務省は、すでに「ピッタリ」くっついてる。外務省、通産省、経済産業省、国防省もそう。自衛隊も、米軍の下請けのようになっている。
・つまり、官僚達と、多国籍企業の莫大なお金、アメリカの莫大な機密費が、日本の政治を日本の経済を支配して、日本をすべてアメリカの制度にしてしまう。
・個人が発言すること、自己主張ができない社会、労働強化・・いま急激に締め付けがきつく、追いつめられてきているのはなぜ?
ひとつはメディアの変化による既存のメディアの危機感。また、いちど官僚社会を壊そうとする動きがあったことで、官僚達が危機感を覚えて、アメリカとの一体感を加速して、もとの天下りの社会に戻そうという動きを強めている。その利害と、アメリカの利害が一致した。
・なぜ、日本は憲法を改正し、戦争に進んでいくような社会に進んでいかなければならない?そして、それとTPPとの関連は?
韓国がこの1年でどうなっているかを見ればよく解る。すでに国民皆保険でなくなった。多国籍企業が、国を超えて力を持つようになったことで大変なことになってる。韓国はすでに米国の属国になっている。韓国の裁判官143人が韓国の主権が損なわれたといって、FTAは違憲であると最高裁判所を包囲した。農民も抵抗した。
・日本のJAは政権交代したとたんに、TPP反対の声を挙げなくなった。農家も農業もJAもやめるってこと。
・いまの日本の状況は、国家の権力を強化するような憲法改正の動きと、反面、他国へ主権を売り渡すという隷属の強化。これは「植民地における、総督府の権力強化」と言える。
戦後最大の、日本がヤマトの国家として産声を挙げて以来、最大の危機だー戦争に因らずしてアメリカに全てを降伏してしまうことになる。これは黙っておられない。今回、全国比例に出馬したのは、誰か1人でも、本当のことを言って戦わなければいけないと思った。
・しかし、いま、畜産、コメ農家が危機感を強めている。消費者団体も、食の安全に危機感を強めている。

原発輸出によって、日本は放射性廃棄物の墓場に。
・原発を、日本がベトナム、トルコ、東欧諸国に売りこんでる。放射性廃棄物は日本が引き受ける。アメリカはパテントは自分が持っていて、日本に作らせて、その責任は、日本に取らせる。そして日本は放射性廃棄物の墓場になっていく。
・安倍総理が筆頭に立って、原発セールスマンをやっている。官僚、財界、メディアを挙げて、これを応援している。そして、これを「成長戦略だ」と言っている。アベノミクス三本の矢、最後のところで輸出、となってくると、大型プラント、つまり原発の輸出しかない。
・つまり、TPPと原発、根っこはおなじ。アメリカにやらされている。

安全保障はなされない
・アメリカ依存からの脱出ということになった場合。安全保障について、中国が脅威となったときに、どうするのか。
・中国の脅威をメディアがあおり立てる。オスプレイを入れる前、(農水大臣だったとき)竹島に韓国の大統領が行ったり、中国は尖閣諸島の問題が出てきた。尖閣諸島は、ずっと日本の漁業専管水域として双方が認めてきたところ。わざと、2隻の巡視船で囲んで、漁船を出て行かせないで、衝突させたのではないかーアメリカにやらされてる。
・いまの危機を煽り立てているのはどこか?危機のお陰で、日中の貿易はぐっと減る。そのかわり、米中の貿易は増える。米中は、裏で手を握り合っているという構図。
・中国軍が来た場合、米軍は動かない、自衛隊がいく。
・民主党当時、執行部に、TPPをなぜやるかきいたら「国の安全保障のためだ」と言ったが。実際に安全保障はなされないのに、TPPを推進するのはなぜか?政治家は、私的な利益だけで、日本をアメリカに売り渡している。

大日本帝国再来?
・石原さん安倍さんのようなウルトラナショナリストは、表向きアメリカの言う事を聞いてるようだが、実は、行き先は「核武装独立」である。何故彼らがあんなに原発にしがみついているのか?核技術を温存して、核武装独立しようとしている。憲法改正についてもそのため。
しかしそうなったときは、完全な日本の孤立である。イランや北朝鮮のような状態になる。大日本帝国主義の焼き直し。
・アメリカの奴隷もいやだが、大日本帝国の再来も大変だ。
→ほんとに目指すべきは、アメリカとも中国とも仲良くやっていく外交だ。

・TPPは入ったら離脱は不可能。自民党の幹部はみんな解っている。

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/90523


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。