little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自給自足
雨上がりは

お花の色がみずみずしく冴えて

とても綺麗!

今週末桜も見頃になるかな?

楽しみです




さて、本題。

ある方のブログを見て載ってた言葉が、

私の今感じてることに

インスピレーションを与えてくれた。



それはつまり、


”自給自足”

ってとても大事ってこと。



農業的意味に限定せず、

自己独立した"存在"として

自らを充足すること。


そこから表現すること。


たとえば、いわゆる”組織”化すると

固定された中での自由度の限定された個人が

その固定された枠のなかで係わり合うことになる

結果、欺瞞や依存が生まれる



それぞれが自主独立して存在していて、

その人自身を表現して、

そのうえで

自由にゆたかに繋がりあったり

また自由に穏やかに離れたり

また繋がったりしていく関係性。

組織でなく、もっとフレキシブルなチームのような・・

そういう在り方に向かうときなのだという感じがしている。



そのためには

まず”自給自足”すること。



「足りないところを補い合う」

のでなく

「自分でまず事足りる」こと



そのうえで

自由に繋がり合う



前者は「足りない自己」という意識から発信し、

結果、つながって依存を生み、

後者は「完全な自己」という意識から発信し

結果、つながって自由に与え合う関係性。



似ているようで

そこにある意識と

結果生まれるものがまったく違う



もっといえば

前者は枠の中だからこそ、競争を生む

後者は、限定されることなく、互いの協力を生む



個人的な関係においても

もっと広い社会的な関係でも

そのような在り方

そのような繋がり方に

いまとても興味があります


まず自分が向かおうと思っています、

向かいつつあります



"自給自足"と"コミュニケーション"が

そのキーであると思っています。


ーーーーーーー




関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。