little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
変わりもの
小さい頃から、

仙人みたいなおじいさんとか、

悟ってるみたいなおばあさんとか、

学校中で恐がられている

ベテランの熱血な女性の先生とか、

面白くて変わり者で、ほかの先生からは浮いている

でもとても子供思いの男の先生とか、

幼稚園のおばあちゃん園長先生とか、

ちょっと変わった人が、私をすごく誉めてくれた。

「えこひいきや:」と姉とかが言うくらい、

みんな私を、すごいすごいと認めてくれた。


私も親も、なんで誉めてもらえてるのか

全然わかっていなかったんですが。

(いまもわからん)


かたや、

ほかの子供達に人気のある、

大学出たての若い男の先生や

おねえさん的な幼稚園の先生には

あんまり好かれなかった。

というか、もしや嫌われてたかもしれない:

いま思えば、扱いづらいと思われてたんだろうな。

「せんせ〜!」って寄っていったりとか、

全然しなかったから。



そんな風に、ちょっと変わった人に好かれてきた

ちょっと変わった人である私は

さいきん

ちょっと変わった人に生まれついて良かったなあと

思っている。

なんだか「私」をやるのにぴったりな気がするから。


だけど、もし私が、ぜんぜん変わってない子(?)に

生まれて来てたとしたら、

たぶん、

ぜんぜん変わってない普通の子で良かったなあ、と

思っていたんだと思う。

そういう「自分」をやるのに、ぴったりだから。



自分と他人の違いなんて、

きっと、その程度のものなんだと思う。




SH351829.jpg






関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。