little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベジタブル・ブイヨンにもの思う
マクロビオティックの話。
興味のない方は、スルーしてください(笑)


マクロビオティックの考え方は、陰陽の考え方です。身体はもともと中庸になるようにできているのですが、陰性や陽性に偏りすぎると、心身の病気になります。陰性すぎるもの、陽性すぎるものを頻繁に食べすぎると、身体が本来の中庸に戻る力が追いつかなくなっちゃうんですね。だから、なるべく自然に沿った、身体に負担をかけない食べ方をしましょうね、というのがマクロビオティックです。(いや、ほんとはもっと深いんですが、かなりざっくり言いましたね私、笑)「調理 ー 理(ことわり)を調える」ことで、中庸に近づけ、季節や個人に合った食べ方をすることができます。日本人が、昔から普通にしてきた、食の知恵ですね。


さて、ここから本題。

ベジタリアン用のブイヨンを、自分の家では使ったことがなかったのですが、先日自然食品店で買ってきて、はじめて使ってみました。

ポトフとスープを作り、たしかにお店のような味になるのですが、食べるたびに、お酒を飲んだかのように頭がぼーっとします。


「これは、かなり陰性が強いなあ」と思って、材料を見直すと、甘藷でんぷんや酵母エキスなどが使われていました。
どちらも陰性の材料で、さらにそれを顆粒に粉砕(?)していますので、ああ、かなりの陰なのだろうなあ、と納得。
化学調味料が入っていないとはいえ、化学的に処理されてるものは、やっぱり私にはキツくかんじます。




たまにならいいのですが、家庭の食卓には必要ないなあ、と思いました。
野菜の切り方や煮方で、ブイヨンがなくても十分美味しいスープは出ますのでね。
私の買ったメーカーがとくにそうだったのかもしれないので、一概には言えませんが。


逆に考えれば、陰性が強いので、ベジに移行して間がなくて、身体に極陽が残ってる人や、お魚お肉を召し上がる方には、美味しく感じられると思いますしおすすめかもしれません。
もう身体が中庸に慣れている人には、毎日の食卓に使うのはちょっとキツいしあまり良くないと思われます。
ニンニクが入っているのも、毎日食べるのには適しません。
でもお店や、人に振る舞うときなどに使うと、風味が濃くなるので、ノンベジの方にも喜ばれると思いますので、上手に使い方を考えるといいですね。


野菜だからすべて良い、というわけではないので、これは◯◯だから駄目、これは◯◯だから良い、と頭で判断するのではなく、身体に聞くことが、ほんとうにだいじですよね。
そういう感覚は、女性の方が得意なので、昔からお台所は女性が管理してたんでしょうね。
男の人は、美味しいものを職人さんのようにつくるのが上手ですね。毎回同じ味をつくることも上手です。
女の人は、ブレ易いのですが、だからこそ逆に、自分を含めた家族の身体の状態や季節の変化に敏感に反応して、毎日の食卓を「食は医」として活用できたのでしょうね。


ちなみに何を食べても大丈夫、なのは、単に鈍っているだけかもしれませんよ。身体は、つねにサインを送ってくれるようにできています。痛かったら痛い。気持ちよければ気持ちいい。というように。食べ物も、同じだと思います。


そうそう、マクロビオティックでは、発酵したものは陰性、と考えるんですよ。
ときどき、醤油や味噌が陽性なので、発酵したものは陽性なんだ、と勘違いされてる方がいらっしゃいますが、あれは陽性の塩分をたくさん入れているので、陽性よりの食品になっているんですね。昔の人の知恵ですね。
甘酒は発酵食品ですが、材料は中庸に近いお米で、殆ど塩分が入っていません。つまりお米が発酵してほどよく陰性になっているんです。ですので、昔の日本では、甘酒はおもに暑い夏にいただき、消化器をリラックスさせ栄養を補給するものだったんですよ。


そういえば、明日から土用ですね。
「土」の季節は、胃と膵臓に関係します。
胃や膵臓を養うのには、バランスがとれた陰性である、甘酒、とくに玄米甘酒は最適だそうです。


お家でもかんたんに作れますので、おためしください。美味しいですよ。
以前の記事に作り方のせています→☆甘酒のつくり方☆













関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。