little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
満月の夕
今日、2回目の更新

FBで外国の方にもシェアされてるのでこっちも。





原曲は、

ソウルフラワーユニオン「満月の夕」


阪神大震災のとき、ラジオから

廃墟のようになった街に流れてきた。

大いに涙しました。

そして大学生の頃、祭りのときに

(学祭のことをそう言ってた)

みんなで輪になって、肩組んで手つないで

眠らずに朝まで、歌った。



ー悲しくて すべてを笑う 乾く冬の夕

ー解き放て いのちで笑え 満月の夕


新しいこのver.

東北では、いま、涙してる人がいるだろうか。




きょうは、満月。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


(これは、95年の原曲ver.の歌詞
 原曲も大好き、名曲。)

満月の夕〜95 SINGLE VERSION


風が吹く 港の方から 焼けあとを包むようにおどす風
悲しくてすべてを笑う 乾く冬の夕
時を超え 国境線から 幾千里のがれきの町に立つ
この胸の振り子は鳴らす “今”を刻むため


飼い主をなくした柴が
同胞とじゃれながら車道を往く
解き放たれすべてを笑う 乾く冬の夕

ヤサホーヤ 唄がきこえる 眠らずに朝まで踊る
ヤサホーヤ 焚火を囲む 吐く息の白さが踊る

解き放て いのちで笑え 満月の夕
星が降る 満月が笑う 焼け跡を包むようにおどす風
解き放たれすべてを笑う 乾く冬の夕
解き放て いのちで笑え 満月の夕





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。