little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チベットを救ってください
日本でのチベット暴動についての報道。
当初は中国政府の検閲済みの情報のみが流れ、
誤解を招きかねないと内心いらだちましたが、
やっと公平な報道が少しずつ増えつつあります。

49年前、中国の侵攻に、
インドへの亡命というかたちで非暴力を貫いた、
ダライ・ラマ法王。
しかしチベット自治区の人たちは、その後も
本来チベットのものであった、
土地・人・文化・宗教・経済・住む場所さえ
半世紀の間、中国政府に奪われつづけています。

今回の暴動は、半世紀もの間、
耐え続けてきた民族の、我慢の限界。
さらに中国政府がオリンピックを前に、
チベットの誇りを守ろうとする「危険分子」を
性急に逮捕・拘束するための暴力による罠です。
我慢の限界にあるチベット自治区の人々は、
今や非暴力を貫く最高指導者ダライ・ラマ法王の教えにさえ
耳を貸す余裕を失いつつあります。
(しかしニュース映像で分かるように、
チベット人は、武器をもたず、素手や小石など
丸腰で暴動を起こしています。
つまりこの前には、非暴力デモで訴えていた人々に
、何らかの危害が加えられたことは明らかです)
実際、中国公安の武器による圧政は、
当局の情報統制により
一般マスコミでは流れませんが、
you tubeなどにはUPされています。↓
http://www.youtube.com/watch?v=DrfFMZLPt_g

ここでチベットの人たちが不本意な暴力による告発をせずに済むためには、
世界からの協力・働きかけが必要です。

欧米ではすでに、中国がダライ・ラマ法王との
真剣な対話を実現しない限り、
EUで、加盟国のオリンピックへの参加を拒否する可能性の
検討を表明しています。

日本も、平和主義の国として、
政府による発言がなされるべきと
私は思います。

そして、あなたもチベット問題にもっと注目し、
一人一人が真実を見極め、可能な行動をおこしてください。

3年前、ラサを訪れ、じわじわと締め付けつづける
中国当局の圧政を肌で感じた、私のお願いです。
チベット自治区には、当局により漢族の移住が奨励され、
3年前にすでに半数が漢族となっていました。
その後さらにチベット人の住居・仕事は奪われ続けています。

とりいそぎ、MIXIに掲載されていた情報です。
大阪でのデモ行進、警察の許可を得た、
平和的なデモとのことです。

私もシゴトが入っていますが、
なんとかスケジュールを合わせて行くつもりです。


____________________________

緊急デモ
中共の国家強奪、侵犯の原点
チベット侵略に抗議
緊急デモ行進のご案内

【実施要綱】
日時   平成20年3月23日(日)
      抗議集会 14:00~(受付開始13:30)
      デモ出発 14:40
      *お時間のある方は13時に御集合ください。集会前に別途計画がございます。
集合場所 
      大阪市西区『靱公園』東園花壇前(四ツ橋線/本町駅下車北東へ200m)

デモ行程
      靱公園→中国領事館→本町→御堂筋南下→難波【約3�】
      (千日前筋で流れ解散16:15頃)

お願い  � 平服でご協力下さい。
      � プラカードは主催者で準備いたします
      拡声器がございましたらご持参下さい。


~中国の侵略、我慢の限界を超えた!チベットを見捨てることはできない~

「抗議!中国」大阪デモ実行委員会
【共催】 中国民族問題研究会 主権回復を目指す会・関西
実戦委員会 北京オリンピックに反対する地方議員と市民の会
殿岡事務所 せと弘幸Blog『日本よ何処へ』 新風の会
【事務局】MASUKI情報デスク(増木)
吹田市古江台2-10-13 090-37104815 
                    
多数のご参加お待ちしております!

_____________________________________

最後に、以前に読んだインタビューから。
チベット亡命政府のある、
インド・ダラムサラのチベット人女性の言葉です。

インタビュア「チベットに帰れると信じているのですか?」
女性「もちろん。でなければ、どうして皆、朝になったら起きるの?」
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。