little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-ひらく花-
あんまり説明的にはなりたくないんだけど、
なんというか
この体験してる世界っていうのは
自分が感覚でとらえてる世界で、
だから通常リアリティと思ってるのは
実は単に自分の感覚に依存するリアルなわけです。
だからそういうことに気がついて
自分の習慣化した思考とか判断、思い込みを超えて
感覚を純粋に知覚し始めると、
いままでと世界が全然ちがって見えてくるんだけど、
そういう、世界がぱあっと変わる瞬間、ていうのがあって、
そういうことが詩になりました。
って、だいぶ説明しましたね(笑)




-ひらく花-



ほとばしるもの

湧き上がるもの

そのままに

舞い上がっていく

そのままで



まだもっと

見ていないものが

ねえ、遥かまで

たくさんあるのでしょう?



光のなかでつぎつぎに花ひらくように

その芳香ほとばしるように

感覚の歓喜

生きていることの歓喜

生命の歓喜

つぎつぎに展開していくところ



世界が開く!

私が開く!

それは同時に!



雲の間の青空へ昇っていく

歓喜から生まれた露ひとしずく

落ちる・・



あたらしく感じて、

はじめて目は開く

同時に



それはいつも、同時にスパークする




感じる!開く!


同時に!!





・・・ねえ私はどこまで見られるでしょう?


-見られるところまで


そう、

見たもののずっと遥か遠く、

けれどほんとうは

裏返したそのままのせかい


その見られるところ、見られるところまで!!









R8237898_20121203185358.jpg









関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。