little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「マトリックス」
ハリウッド系映画が

ほんとに苦手なワタクシ。

美大時代は、勉強のために

無理していろんな映画みましたが、

刺激的すぎる映像音楽、暴力的シーンが超にがて。



なのに、少し前から

「マトリックス」観なくちゃな〜と

いうかんじで。

キアヌ・リーブスが、ぬおーんと弾をよけるアレです、

って知ってますよね(苦笑)

あんなに話題になったのに、今更ですが。

こわごわ観ました(笑)



なんかねーすごいねー、

よく解ったきがします、いま観ろっていうのが(笑)

なかなかポイントを押さえた映画だなあと。

で、いま観るからこそ

いろいろ深く読み取れました。



結局マトリックスワールドで経験しないと

目覚めんってことだし、

「自分を信じろ」とかよく言われるけど、

それだって、

「はい、ほんなら今日から信じましょか」

とかいう話でもないし(笑)、

「私たちは

どこに行かなければならないかを

行くことによって知る」

っていう、さっきある本で読んだ

セオドア・ローゼックの詩にも通じるなあ

なんて思ってみてました。



あとさいきんちょっと

「不思議の国のアリス」状態だった

私には、自分のアリス状態を受け入れるのにも

一役買ってくれたかなと思う。



さっき書いた

あの弾をよけたりするシーン

”時間空間っていうのは

じつは無いんよー”っていうのを

すっごいあからさまに映像で表現してて

その照れてしまうほどのあからさま加減(?)が

かなり好きでした(笑)アンビリバブル



さいごの方のオチの入れ方というか

無理矢理めな落としどころ

(キアヌが逆眠り姫みたいなとこね、笑)は、

なんかハリウッドですねーというかんじで(笑)、

ほかに突っ込みどころも、ままかなりありますが、

良く創られた映画だと思いました。

面白かったです!



この現実世界が、通常5感で捉えてる以上に

ひろがりのあるものだよってことを

探求してる人とか、

視点がばん、と変化しちゃった人、

つまりアリスの穴に落ちかけてる

または落ちちゃった人にはとくに、

頷いたり突っ込んだりしつつ観たら

面白いと思います。

観ていない方(っていらっしゃるんだろうか?)は、

ぜひどうぞ(笑)




今日の雲。UFOのかたち。

121024_1626~01

SH3512530001.jpg




ー以下ネタばれ↓

大事なのは、ネオが、
まわりの人達によって救世主に”ならされてる”ってこと
ですよね。
ネオが自分ではじめから「俺は救世主だ」と
思っちゃってたり表現してたり、
「僕は救世主になるんだいっ」みたいだと、
全然違う話になってたでしょ、
だってエゴだから。(笑)

”ネオが救世主にならされる”ように”書かれてた”。
で、予言者もネオを上手に導いたけど
そのへん理解して導いてますよね。
それはネオの”自由意志””選択”みたいなんだけど、
”周りの人にならされた”ってことになると、
実は、カギとなるメッセージを届けた「予言者」をふくめ、
その全体像がレコードされてる
創造主のマトリックス的なものがもうひとつ
大きな視点ではあるはずで、
そこが描かれてないのが
ちょっと、もぞもぞするって感じ(笑)
”自由意志”止まりになっちゃってる。
でもそこまで描くと、
映画としてヒットしないでしょうね(笑)

とにかく、自分と他人がある、んじゃなくて
全体像があるんだよー
だから「自由意志」は「自我」ではないのね。
あらかじめ在るものを選択してるん、自由に(笑)
だからやっぱゆだねる、つまり
「私が私が」っていうところから
一歩出なきゃ「私」にすらなれないんだよねー

というのを読み取ったLittle-treeでした。
わはは。

























関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。