little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベジタリアンは楽しい!(ベジタリアンに移行したいなあと思っている人達へ)
最近、私の周りで、

ベジタリアンに移行したいなあ、

と興味を持たれる方が増えてきました。

やったー!一緒に楽しめる人が増えそうで嬉しー!

とlittle-treeはよろこんでます(^ー^)


SH350736.jpg
今日私がつくったのは、ひよこ豆バーグ♪めっちゃ美味しかったけど、美味しそうに見えるかな??
レシピは、のちほど紹介する”ベジタリアンのおいしい食卓”に載ってます
ファラフェルのレシピを揚げずに、多めのオイルで焼いています




私は5年ほど前から、

マクロビオティックの食事法をやりはじめ、

家では、ほぼビーガン(完全菜食)の食事です。

ちなみに私は、「ビーガンが最高の食事」とは

言ったりしません。

人によるやーん、というのもあるし、

自由人なのがこういうところでも出てて(笑)

何が絶対正しくて、これが絶対最高で・・とか

あんまり決めつけるのは、なんか心地が悪いんです。

私にとってベジ食は楽しくて、

心と身体がとても軽くて気持ち良くて

すごく気に入ってるし、

これからも続けるとおもいます、という感じです♪

そして、いまでも、

友人と食事したときに

ケーキもお魚も食べたいと思えば、

美味しくいただきます(^ー^)



私が、ベジタリアンに移行したい人達の話を

聞いてて、私の推測するに、

なかなか移行にふみきれない理由のひとつとして、

自分のいまの食卓を見て、

「ここからお肉やお魚や卵がなくなったら

なんか美味しくなさそうだ。

それに栄養は足りるのか?」

と、心配になっちゃってる気がするのです。

ちがいますか?ちがったらすみません(汗)


ベジ歴5年のわたしから言わせると、

なんとそこには大きな誤解があるんです~!

実は、

ノンベジタリアンの料理と

ベジタリアンの料理は、

食材も、調理法も、

根本的に違うのです!



例えばノンベジタリアンの食事から、

単に動物性食品を抜いただけ、なら、

私も嫌です。絶対おいしくなさそう(笑)

そして、栄養もきっと足りないです。



ベジタリアンの料理では、

具体的に食材でいうなら、

例えばお豆をほんとによく使います。

大豆や小豆や黒豆、といった

おなじみのものから、

あまり普通には馴染みの無い、

ひよこ豆、レンズ豆、ムング豆(緑豆)なども、

毎日の食卓に頻繁に上がります。

もちろん豆腐、豆乳、厚揚げ、薄揚げなどは

ものすごくアレンジの効く食材ですし、

ほかにも、テンペ、生ゆばなど、豆の加工品。

車麩はステーキ、カツなどメインに使えます。

また、ベジタリアンに移行中の方には、

お肉の代用品として、

ソイミート(大豆たんぱく)や

小麦たんぱくでつくったものもあります。

薄切り、から、ミンチっぽいものまで幅広いです。


さらには、穀物も、

普通より多く食卓に上ります。

ひえ、あわ、キヌアなどの雑穀も

すごくアレンジ豊富なのですよ。

メインのお料理にさえ、なります。

全部、自然食品店やネットで

簡単に手に入る食材です。


私がベジに移行した最初のころは、

もどき料理にはまりました。

豆腐チーズ(めっちゃおいしい)、

豆腐マヨネーズをはじめ、

豆腐はものすごく使えます。

雑穀で、なんとオムライスもどき、

山芋と豆腐で、ウナギの蒲焼きもどきも

つくれます。

少々無理があったのは、

豆腐で生クリーム。

これはやっぱり、豆腐味です(笑)


そんな風に、ベジタリアン食は、

新しいレシピを試すのがすごく楽しいんですo(^-^)o



ベジ料理では、調理法もちょっと違ってきます。

まず、お肉やお魚を使わないから、

お酒を調味料として使わなくなります。

お肉やお魚を柔らかくしたり、

臭みを取ったりする必要がないからです。

そして、お砂糖をほとんど使わない。

とくにマクロビオティックの調理法は、

お砂糖を使わなくても、野菜の甘みを

びっくりするくらい引き出せます。

たまーに、みりんを使う程度です。

ヘルシーですね。


ベジタリアン食に馴れてくると、

素材の味にすごく敏感になるので、

塩、油、味噌、醤油などの基本の調味料は、

ちゃんとした製法の良いものに変えることをオススメします。

ぜんぜん味がちがってきますよー



ベジタリアンになって良いことは、

普段は、自分やほかの生命や地球に優しい食事を

実践していながら、

もし気が向くのであれば、

明日オムライスをつくれるってとこです(笑)


それくらい気楽に、ベジタリアン料理を楽しむと、

すぐにベジ料理はマスターできます☆

いまでは私は、ほんとにシンプルな野菜料理で

満足するようになり、

そういうのが一番美味しいと感じますが、

最初の移行期間は、もどき料理を試すのが

楽しくて仕方なかったです(笑)

たぶん、移行期にみんなが通る道(笑)

いろいろ楽しく探求するに限ります!





今はベジタリアンレシピが、

ネットでいっぱい検索できるようですが、

私が最初の頃からよく使った

お気に入りのレシピ本を紹介しておきます。


マクロビオティックひとりレシピ/御園あき

ひとりレシピ

マクロビオティックにそったレシピ集。
ひとり分の分量なので、×人数分、とすぐ計算できて便利、
なによりよく考えられた丁寧なレシピ、簡単で美味しい!
マクロビオティックの基本的な調理法も少し載ってて
至れり尽くせり。



もう一冊は、

以前に記事にしたことのある、

ベジタリアンのおいしい食卓~ヨガ・クック・ブック/宮本しばに著

R8235173_20120709213946.jpg

エスニックな、食欲と好奇心をそそるレシピ満載で楽しい!
ヨガレシピなので、一部乳製品使われています。
工夫次第でビーガンレシピに応用できます。




みなさんのベジタリアンへの移行の道が

好奇心や探究心をみたしてくれて、

楽しくおもしろおかしく、

美味しいものであるといいなと思います!

私がそうであったように(^ー^v)



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ほんと!ほんと!
ベジタリアンは毎日が楽しいのです。
未来の食事を先取りして、自分で創意工夫する“つくる”楽しみがあるからo(^-^)o
そして今は仲間が増えて、益々楽しい~(^o^)/
2012/07/13 (金) 20:02:02 | URL | マーフィー #-[ 編集]
マーフィーさん

コメントありがとうございます。
マーフィーさんは、ずっと前から変わらず、ベジタリアンの楽しいあり方を発信されてて、尊敬します!
最近私のまわりでも、食事に心を配る方が増えてきているんですよ。とってもうれしいです〜!
2012/07/13 (金) 22:26:44 | URL | little-tree #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。