little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NHKスペシャル「映像詩 里山~命めぐる水辺」
今日NHKのBSで、NHKスペシャル「映像詩 里山~命めぐる水辺」の海外向けの再編集バージョンが放送されていました。
この番組は以前から何度かBSで日本語バージョンが放送されていて、いままでに2回
は見てるのだけど、今回もまた見入ってしまう。

この番組では、琵琶湖上流の里山の、ひと/生き物/自然をみごとに美しく、ユーモアを含んだ映像で四季折々に切り取っていきます。
日本がこんな美しい国だったのかと思うような風景や生き物は、なんともいきいきしていて、またそれに密接した人間の自然すぎるほど自然な関わり合いに、ため息が出ます。カメラが捉える”三五郎さん”というおじいさんはじめ、そこに住む人たちの営みは、”自然”やら”エコ”やら”田舎暮らし”やらそんな色んな言葉をすっとばして、まったく次元の違う美しさで、”生き物”としてとてもカッコイイ。
絶妙のタイミングでそれらを多方向から捉えて行く映像の視点は、独特でユーモアと機知に富んでいて、そしてテンポのいい編集と音楽が見ている者をいきいきした躍動感に引き込んでいきます。画面に映るひとや生き物や風景をさらに愛おしく感じさせるマジックのようです。影響を受けやすい私は、思わず”きれーい”とかため息まじりに声にしてしまう、もうここに引っ越そうかな、とか思ってしまう(笑)。

NHK-BSは、たまにすごく良い番組をやっているけど、これはその中でも秀一。取り上げているテーマ、ロケ地、映像、音楽、編集、すべて見応えあります。美しいものを美しく表現している感動を誰もが感じれる番組と思います。また、日本人を”日本てこんなに美しいの?”とびっくりさせる番組です。もうすでに2度見ているにもかかわらず、今回も深い感動にみたされて見終わりました。こんなの誰がつくっったの~?作った人に”ありがとう”と言いたくなります。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2007/12/22(土) 00:02:53 |
copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。