little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルハンブラの音楽
国立民族学博物館に、
モロッコ出身の歌手アミナ・アラウィさんの
研究公演を見に行ってきました。

アラブ・アンダルシア宮廷音楽の馨り
―〈モロッコの花〉アミナ・アラウィの典雅な歌声


中世スペインのウマイヤ朝期にイスラム支配下で誕生し、
展開したアラブ・アンダルシア音楽「ヌーバ」。
その後キリスト教の支配が大きくなるにつれ、
イスラム教徒とともにマグリブに移動し、
モロッコ・アルジェリア・チュニジアなどで
更に発展し継承されてきたそうです。

今回は
Amina Alaouiさん(モロッコ出身)
ウードのSofiane Negra さん(チュニジア出身)
ヴァイオリンの Kheir-Eddine M'kachicheさん
(アルジェリア出身)
パーカッションのIdriss Agnelさん
(Aminaさんの息子さん)
の4人編成での演奏でした。

ウードとは、リュートのことです。
ヴァイオリンは、西洋音楽とは違って、
膝の上に立てて演奏します。
パーカッションは、イランの片面太鼓ザルブと
壺型のウードゥという楽器を使っていました。
ウードゥは、インド起源、ブラジル起源、
ブラックアフリカ起源のものがあるなかで、
今回のはインド起源のものということでした。

歌詞の内容は、スーフィーの神様への愛を
恋の歌に託したものなど、
深い詩的なものが多いようです。

アルハンブラ宮殿の写真集を
最近よく眺めていたりしたんですが、
あの瀟酒で静寂感に満ちた建物の雰囲気に
ぴったりな音楽だと思いました。
聴いていると、情景が目に浮かぶようです。
リズムは難解ですが、節回しなどは
耳にすっと入ってくる感じです。
西洋の方からすれば、とてもオリエンタルなのかもしれません。

Aminaさんの歌声はYoutubeでも少し聞けます
生で聴くと、もっと美しいですが↓






ちなみに、これは国立民族学博物館の
新しくなった西アジア展示関連イベントの
1つだったのですが、
この日は同イベントで、「じゅうたんをつくろう!」
というワークショップもやっていて、
私も一列織らせていただいてきました。
俗に”トルコ結び”または”closed knot"と呼ばれる
パイル織りでした。

楽しかったー!みんぱく大好きです

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。