little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マクロビオティックのケーキ
今日はケーキを作りたくなって、思いつきでこんなパイを作ってみました。


名付けて、「あずきと紅玉りんごの晩秋マクロビオティックパイ」・・

<一応>マクロビオティック実践者なので、砂糖や動物性材料はいっさい使わないシンプルレシピです。

パイの中身は、完全に超適当なマイオリジナル。
パイ生地に小豆カボチャ(マクロビの有名な食用レシピです)+ドライフルーツを練って、あんこ状にしたものを敷き詰め、その上に酸味のある紅玉リンゴをこれまた砂糖を使わずシンプルに煮たコンポートをずらっと並べ、パイ生地で蓋をして焼いただけ。
所要時間約1時間半くらい。

なかなか美味しくて、
砂糖を使わないけれど、小豆とカボチャとドライフルーツとりんご、と甘い素材をふんだんにいれているので、かなり満足な甘み。
母と二人でこの半量を本日中に平らげました。
ふつうに考えれば、二人暮らしでこの量(24CMパイ皿)は作り過ぎですよね。




パイ生地はマクロビのレシピを転用したのですが、食感はすごいサクサク・・どちらかというと、クラッカーに近い・・切る時に非常に苦労しました。
これはこれで美味しいんですが、次回作るときは別のレシピで、もう少しパイらしい食感を出したいものです。

というわけで、
自分の覚え書きを兼ねて、以下とりあえず本日の超適当レシピ

パイ生地
全粒粉(健康のために国産小麦!笑)240g
菜種油(または胡麻油)大さじ4
 小さじ2/3
 100cc

全粒粉は塩を合わせて一応ざっと振るい、油を真ん中に入れて、手ですり混ぜる。
絶対練らないこと、練ってしまうとサクサク感がなくなります。
分量の水を入れて、ゴムベラでさっくりまとめて、ラップをして冷蔵庫へポイ。
30分寝かせます。

フィリング
<あずきフィリング>

小豆 1/2カップ
  4~5カップくらい(適当)
カボチャ 1/4個くらい
ドライフルーツ (家にあるもの、量は適当にお好きな甘さで。今回はプルーン3個とレーズン1/3カップくらいでかなり甘くしました。)
米あめ 小さじ2/お好みでシナモン少々(無くてもいける)

まず小豆を30分水につけ置き、火にかけて煮ます。
マクロビなのでゆでこぼしません。沸騰したら差し水をし、再度沸騰したら火を弱めて蓋をし、ことこと煮ます。
小豆が柔らかくなったら、ドライフルーツを適当に切って加え、カボチャは一口大に切って、皮を下にしてその上に並べ、塩少々をして煮ます。
カボチャが柔らかく、水気がほぼ無くなったら、
今回はあんこ状にしたいので、カボチャをつぶしつつ、火にかけたまま練ります。
(小豆はさめると固くなるので)あんこよりちょっと柔らかめくらいで火を止め、シナモンを加えて冷まします。

<リンゴコンポート>
紅玉りんご1個
レモン 絞り汁 少々
 ひとつまみ
リンゴは薄い櫛形に切り、鍋に並べる。レモン汁を加え、蓋をしてごく弱火で煮ます。水は入れなくてもリンゴの水気だけで、甘く煮上がります。

寝かせたパイ生地の半量強を、パイ皿より大きめに丸くのばし、パイ皿にぴったり敷きます。
まわりの余分をカットし、フォークでまんべんなく穴をあけます。
200度のオーブンで、10分ほど下焼きします。
あずきフィリングを敷き詰め、その上にリンゴコンポートをきれいに並べます。
残りのパイ生地を延ばし、紐状にナイフで切ったものを編み目状に並べ、200度で20~30分焼いたら出来上がり!





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。