little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インシデンタル・アフェアーズ  INCIDENTAL AFFAIRS :Contemporary Art of Transient states
サントリーミュージアム
5月10日までやっている、

インシデンタル・アフェアーズ
に行ってきました。

「インシデンタル」という言葉は
「偶発的な」と「とるに足りない」
とかいう意味。

「うつろいゆく日常性」をキーワードに
国内外でいま注目の
現代美術アーティスト17名の作品を
紹介しています。

一見不思議な現代アートを
見つめているうちに、
だんだんと感覚が研ぎすまされてきて、
日常に潜む、
新たな価値観や感覚を発見できます。

宮島達男さんの「MEGA DEATH」
田中功起さんのインスタレーションは、
有名どころですが
やはりとても見応えありました。

榊原澄人さんのアニメーション「浮楼」も
とても面白かった!

そのほか海外のアーティストも
日本初発表のものがあったりして、
良かったのですが、
この展覧会では、
日本人の現代アーティストの、
インパクトが強く感じました。
みな独自性があってコンセプトが明解で
見た目もポップだったり美しかったりで、
すごくいいなあと思いました。

現代アートのファンはもちろん必見ですが、
現代美術の入門編としても、
とても楽しめる企画だと思います。

1時間に1回ある「見どころトーク」や
作品解説を利用すれば更に楽しめます。

あと3日の開催ですが、
まだの方はゼヒ行ってみてくださいね。
すごく楽しめる美術展と思います。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。