little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都へ 「ラグジュアリー ファッションの欲望」展
用事があって、
久しぶりに京都に行ってきました。

うーん、いいお天気!

kyoto0422.jpg

時間があったので、
京都国立近代美術館で開催中の
「ラグジュアリー ファッションの欲望」展へ。

kyoto0422r.jpg


展示されてるのは、
まさに贅を尽くした17世紀のドレスから、
現代のメゾン・マルタン・マルジェラのものづくりまで、
多角的に「ラグジュアリー」と捉えて展示しています。

手の込んだ意匠の洋服を間近で見ると、
作られた時代にかかわらず、
ファッションの威力、引力(?)を感じます。

始めは展示品として見てるのですが、
だんだん私の「欲望」が目覚め始め、
20年代のシャネル、素敵~!
バレンシアガも、かわいい~!
などと、洋服を選ぶ感覚に近くなっていく(笑)。

そして、
川久保玲の洋服は、やっぱり
そのアート性に、
すごくどきどきしました!
緊迫感があるというんでしょうか..?
胸ぐらを掴まれるようなものづくり、
やっぱりすごい。

全体の展示のボリュームとしては、
さほど多くなく、コンパクトにまとまってて、
コンセプトと切り口の面白さで、
楽しんで観れる展示でした。


関連イベントとして、
4Fコレクション・ギャラリーで催されている、
新収作品展「都築響一 着倒れ方丈記」も、
要チェックです!!

こころもからだもファッションに捧げた、
Happy Victims(幸せな犠牲者)の清々しき片想いの記録・・。

ひとつのファッションブランドに惚れ込み、
「食・住」を忘れて「衣」につぎ込む、
名も無きファッション・フリーク達を、
写真とインタビューで収集した作品。

彼らファション・フリーク達の、
ブランドを愛するピュアな熱意と
我が道をゆく潔さが、
とっても笑えて、
そして、同時になぜかとっても
愛おしく、
晴れ晴れとしたキモチになります。

作者の着眼点・鋭い視点にも、
脱帽です。
ゼヒ!

    


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。