little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オイリュトミーが気になる
シュタイナーのオイリュトミーが気になる~~!


10年くらい前に、

踊る人とかの絵をたくさん描いてたとき、



アートフリマで、

謎の見知らぬおばさまに

「あなた、オイリュトミーを勉強しなさいっ」と、

いきなり本を渡されたことがあります(笑)


が、いただいたその本が、あんまり難し過ぎたのもあり、

まったく頭に入って来ず。

その本もいつしかどっかに行ってしまった・・。


そんな”オイリュトミー”がまた気になり出した近頃。


オイリュトミーって何なんだ?というとこから、

まず解ってない状態なんだけども。


どなたかご存知の方、易しく教えてください、笑





絵って、自分そのままが出ちゃうもので、

動きのカタとか学びたい

あと、自分の身体性もUPしたいと思う今日このごろ。



謎のおばさまも、あのとき、

きっとそういうことを

私に伝えてくれようとしたのかなと思います(^-^)











スポンサーサイト
Wow!


SH352506.jpg





踊り子 2
また絵をかきはじめると

やりたいことが増えてくる



インスピレーションが

止められなくなっちゃう


それは絵以外のことにまで

容赦なく

どんどんひろがっていっちゃう




これだからもう・・

絵ってやつは!!






でも、そういうものがあるって

しあわせなことだ


みなさんにとっての、

それは なあに?




SH352505.jpg


紙・顔彩





大好きな季節
大好きな季節

空気のにおい

温度

ひかりの感覚

それだけで

わくわくが

至福が、

感謝が、

身体のなかから

否応無く湧いてきます


無条件に



至福のなかにいます


SH352503.jpg




いま、この瞬間


ありがとう!



踊り子

東洋っぽいような、

西洋っぽいような、

踊り子のイメージが浮かんできたので

描いてみました(^-^)



SH352496.jpg



鉛筆・顔彩



剪定
ガジュマルちゃんの

剪定をしました

SH352486_20130628115657.jpg


キジムナーが棲む木です。

とても生命力が強くて

ぐんぐん伸びるガジュちゃんの剪定は

毎年恒例で、ほんとは5月くらいが理想だそうですが、

私が植物を切るのが苦手なので(痛そう、笑)

ぐずぐずして、いつもこの時期になっちゃいます。

ほんとは切らずにどんどん伸びてほしい

けど、ベランダなのでね。

それにしても大きくなったなあ。

最初は、手のひらに乗るくらいだったのに

いまや、刈り込んでも1m。

こういう、放っといても勝手に

いきいき強く生きてく木が

とくに大好き(笑)

愛おしいです。



ガジュマルを眺めていて思いました。



人間も、ある程度伸びたらまた、

剪定したり、植え替えたりしなくちゃね。





遠くで、誰かのアラームコールが鳴っています。




今日の空模様
SH352482.jpg
SH352483.jpg
SH352484.jpg
SH352485.jpg



ベランダのチュンと、少しの後悔
先日、

ベランダにこぼれたお米を食べにくる

ちゅん(雀)の話
を書きましたが、

観察していると、どうも2、3匹が来ているようです、



最初から来ているちゅん=ちゅんいちは、

身体もちょっと大きめで、

低めの声で「ちぃゆ・ん」という風に鳴くので

すぐわかります。

声もちょっと大きめ。

お米がなくなると、ちぃゆんちぃゆん騒ぐのも、この子です。

最近はちょっと慣れてきて、

ベランダでの態度がちょっとデカイです(笑)

かわいいのでつい、さいそくされると

お米を「こぼして」しまいます。



そんな、ちゅんいちが、今日、

なんと、彼女を連れてきました(*^-^*)

ベランダまで連れてきて、

羽根をふくらませてアピールしていたので

「おおっ!ちゅんいち、やるな!」と思って

見ていたのですが、

あいにくお米がなくなっていて、

ちゅんいち、動揺・・

わたしも、動揺・・



彼女は、「お米ないじゃん(呆)」みたいな感じで

ぷいっと飛び去ってしまいました。



ちゅんいち、しばし呆然

植木鉢の横とかを探しにいって

ない(; ;)・・と立ち尽くしてました・・。


ごめんよ、ちゅんいち。

お米なくなってるの、気づかなかったよ〜〜。

ちゃんと確認しておいてあげればよかったなあ

と、私も後悔。


またがんばって、彼女連れてくるんだよ。

がんばれ、ちゅんいち!!!


と、ちゅんいちが

まるで息子か弟のように

気にかかります(笑)






てのひらでも、見ている
仏画や東洋の絵画で、時々、


手の平に目が描かれているものがありますが、


まさに、


手のひらには、目があると思います(^-^)


SH352480.jpg



これは、


ヒーリングという方法で自分の手を使うようになり、


手の感覚がとても敏感になって


わかったこと。



「手」って、すごい感覚器です!



うれしくなって、絵にしてしまいました(笑)





”ひとは、手のひらでも、「見て」いる” 
紙・色鉛筆




きれいなあ


溜め息が出ました//きれいなあ

ちょうちょみたい


SH352477.jpg





木星
惑星的エネルギー

木星の音


DSC_5231b.jpg

アクリル絵具/紙





マクロビオティック勉強会をいたします♪
7月から、マクロビオティックの勉強会をいたします♪

マクロビオティックの基礎的な理論、食事法、陰陽論などを、6回で楽しく学びます♪

マクロビオティックの食事を7年ほど続けてきて、食によって「肉体・感情・精神のバランスをとっていく」という豊かな感じを、もっと沢山の人に知ってもらえたらいいなあ♪と思い、今回ナビゲーターさせていただきます。

マクロビオティックの陰陽を知っておいて、日常に応用されると、食に対する捉え方や世界観が広がって、とても役立つと思います。自分も家族も地球も幸せにするための食事法です♪

今回の勉強会では、調理の実習はしませんが、基本の理論、食事法、陰陽論などを講座なみに広範囲に学びます。

「マクロビオティックとは何ぞや?」
「理論や基礎の知識をまず知りたい!」
「レシピ本で、マクロビオティックレシピを作ったりするけど、陰陽理論や調整法、食事の組み立て方や、栄養の知識は知らなくて、勉強してみたい♪」
という方など、

ご興味ある方、是非ご参加くださいね◎

*************************

マクロビオティック勉強会

日時:
1回目 7月8日(月)
2回目 7月22日(月)
3回目 8月5日(月)
4回目 8月19日(月)
5回目 9月2日(月)
6回目 9月16日(月)

時間:10:00~12:00

会場:阪急西宮北口駅から徒歩3分程度
(西宮ガーデンズの側です。詳しい場所は、お申込後にご連絡いたします)

参加費:各回 3000円

*体系的に知っていただきたいので、基本的には全回出席できる方のご参加をお願いしております。

*お申込、お問い合わせは、
 ayamise*hotmail.com
 (*を@に変えてください)

*************************

内容は、以下を予定しています(^-^)
(進み具合などによって変更することがあります)

◉study1
マクロビオティックの基本
気候風土や自然と調和した食生活
マクロビオティックの原理

◉study 2
マクロビオティック標準食
献立のつくりかた、食事の方法

◉study 3
陰陽の基礎
陰陽による食品の分類
料理法による陰陽

◉study 4
マクロビオティック栄養学
タンパク質、甘味、油のとり方

◉study 5
よりよい実践と、毎日の食事に生かしていくために

◉study 6
個人に適した食事の陰陽調整法
・季節、性別、年齢、地域、活動量による調整、自己実現のために




お問い合わせ、お申込、おまちしています♪


SH352451.jpg







同じ雨でも


よろこぶひとと


いやがるひとがいる




いつまでも


よろこべるひとでいたいな


このひとたちみたいに



イルカ

素敵ー!!

 ↓

インドがイルカを人と認めた



イルカに会いた〜い♪







みどりの中で
こないだ、友人Mちゃんが撮ってくれた写真


写真

写真2


Little-treeまだまだ子どもです、笑


Mちゃん、やっぱり

不思議で素敵ないい写真撮ります◎


写真3




これは私の撮影。
せせらぎと、ちっちゃなかえるちゃん♪(中央)↓


SH352449.jpg






ベランダの怪
このところ、

うちのベランダに

なぜか米粒がバラまかれている。


こんなふうに↓

SH352450.jpg


犯人は、母。


有機米のお米って、すぐ虫がつくので、

先日、天日干しにしたんです。

そのときにこぼれたお米を

ちゅんちゅん(←雀)が食べにきたそうで。

「次の日もやってきて、ちょうだいちょうだいって

騒ぐのよ〜〜」

と、母。


うん、わかるけどさ。

私が小さい頃、そういうことをして

よく母にコテンパンに怒られたもんです(><)

それなのに〜と文句を言ったら

「うん、じつはそんなんするの、スゴイ好きなの♡」

って。

もう、無邪気だなあ〜〜〜


いいけどね、マンションなんだから

他の部屋のひとに迷惑かけないようにしなきゃダメよ


って、私が苦言を呈すという

立場逆転の近頃です。



でもほんと、雀ちゃん、お米ちょうだいって

言いにくるんですよ!

めちゃめちゃかわいいです◎










自然の香りには、色がある。


微妙で複雑で繊細な、


色あい。




人工の香りには、


「色」はあるけど


微細な色合いは感じられない。


強烈すぎて。





そうして人は、


人工のものに囲まれれば囲まれるほど、


感じることを閉じていくのかもしれないな。




なんだかそんなことを、


感じました。





SH352062_20130614224232.jpg






びわの葉
びわ!!!

それはわたしの大好物!!


SH352436.jpg


お庭のある家だったなら、ぜったい植えてた!(笑)



今年も、知人から葉っぱ付きでいただいたので、

実は美味しくいただき、

葉っぱは、びわの葉エキスに。


SH352440.jpg


万能薬です。

つくっておくと、虫さされや火傷などに、結構効きます。



もう何年も、化学的なお薬なしに生きているので

こういう自然の恵みが、ちょっと困った時には

よく助けてくれます。

自然の優しい植物やエネルギーに、助けてもらうのが

とても好きです。



私の祖父は、医学博士だったのに、西式健康法をやってて、

父も、製薬会社に勤めていたけど、

病院もお薬も大嫌いな人だったから、

そういう血筋なのかもしれませんが(笑)

おかげで、私は、ワクチンも一切受けず、

小さい時もなるべく自然治癒力で育ててもらったから、

いまでも、化学的なお薬より、自然な方法のほうが、

ずいぶん心地いいと感じます。




びわの葉エキスのつくりかたは、かんたんです。

というか、わたしはかなり適当ですが、とりあえず書いておきます笑

・びわの葉を洗って、水気を良く切る。
・煮沸消毒をした瓶に、びわの葉を適当に切って入れ、
・ホワイトリカー、焼酎などの、お酒を
 つかるくらい入れる。
 アルコール度数は、
 35度から40度くらいがいいと思われます。
 今回わたしは、ウォッカでつくってみました。
・3ヶ月くらい置くと、使えます。
 できあがったものを長期保存するときは、
 濾して冷蔵庫で保存することをおすすめします。






ストラディヴァリウス・チャリティ・コンサート
ヴァイオリンの世界最高峰の名器、ストラディヴァリウスのヴァイオリンによるチャリティ・コンサートが8月8日(木)に、三田で開催されます。

charity01.jpg


チケット収益は、「さんだ子ども発達支援センター」の福祉活動に全額使用されます。
私の母が、音楽療法でずっとボランティアに行っている施設の関係の福祉団体です(^-^)

世界的なヴァイオリニストの、世界的な名器での演奏を、このお値段で聴ける機会はなかなか無いかも?

私ももちろん行きます(^-^)

チケットご希望の方いらっしゃいましたら、お取りできますのでメールくださいね♪

*******************************************************************

実施日: 平成25年8月8日(木)

時 間: 開演18時30分(開場18時)

場 所: 三田市総合文化センター 郷の音ホール 大ホール

出 演: アリーナ・ポゴストキーナ(ヴァイオリン)、林 絵里(ピアノ)

曲 目: ブラームス ヴァイオリン・ソナタ 第1番「雨の歌」他

入場料: 一般2,000円(当日2,500円) 学生1,000円(当日1,500円)
※未就学児の入場はご遠慮ください。キッズルームあり。(無料)

*******************************************************************

◉ストラディヴァリウス1717年製ヴァイオリン「サセルノ」/Stradivarius 1717 Violin "Sasserno"

イタリア・クレモナの名工アントニオ・ストラディヴァリ(1644-1737)が、1717年に製作したヴァイオリン。 1845年からフランスのサセルノ伯爵が所有していたことからこの名前で呼ばれている。1894年にはヴァ イオリン奏者のオットー・ペイニガーが所有し、その後にイギリスで有名な醸造所を所有していたピカリ ン グ ・ フ ィ ッ プ ス の 手 に 渡 っ た 。 1 9 0 6 年 に は イ ギ リ ス の 産 業 資 本 家 ヘ ン リ ー ・ サ マ ー ズ が 所 有 し 、そ れ 以 後 9 0 年 以 上 に わ た り 同 家 で 大 切 に 保 管 さ れ て い た た め 、製 作 時 の ま ま の ニ ス が 多 く 残 っ て お り 保 存 状 態が非常に優れている。

◉アリーナ・ポゴストキーナ Alina Pogostkina(ヴァイオリン)
1983年、旧ソ連・サンクトペテルブルクに生まれ、1992年に一家でドイツに移住する。父親の手ほどきで ヴァイオリンをはじめ、後にベルリンのハンス・アイスラー音楽大学でアンティエ・ヴァイトハースに師事す る 。2 0 0 1 年 ベ ル ギ ー・エリザ ベ ート王 妃 国 際 音 楽 コンクール や 翌 年 の イン ディア ナ ポ リス 国 際 ヴァイオリ ン コ ン ク ー ル を は じ め 数 々 の 国 際 コ ン ク ー ル で 入 賞 を 果 た し 、2 0 0 5 年 シ ベ リ ウ ス 国 際 ヴ ァ イ オ リ ン・コ ン クールでは優勝をかざっている。これまでに数々のオーケストラと共演を重ね、2013年2月には、バンベル ク交響楽団とジョナサン・ノットと共にドイツとスペインのツアーに参加、同年4月にはワルター・シュテ フェンス作曲のヴァイオリン協奏曲をマーティン・ブラビンズ指揮ベルリン・ドイツ交響楽団と初演してい る。2008年小林研一郎指揮読売日本交響楽団、2011年ジョナサン・ノット指揮NHK交響楽団との共演 で来日している。

◉林 絵里(ピアノ)
1977年、第31回全日本学生音楽コンクール奨励賞受賞。桐朋学園大学音楽学部卒業。ピアノを樋口恵 子 、弘 中 孝 、中 島 和 彦 の 各 氏 に 師 事 。卒 業 後 、同 大 学 に 於 い て 、2 年 間 、弦 楽 科 伴 奏 研 究 員 を 務 め る 。 1986年、第8回チャイコフスキー国際音楽コンクールのチェロ部門で最優秀伴奏者賞を受賞、同年より 日本国際音楽コンクールヴァイオリン部門の公式ピアニストを務める。1991年、ドイツ・ミュンヘンにて、 ワルター・ノータス氏に師事。これまで、スティーヴン・イッサーリス、エドゥアルド・メルクス、ドン・スク・カ ン、ヴィヴィアン・ハーグナー、徳永二男の各氏をはじめ数多くの演奏家と共演。NHK交響楽団メンバー との室内楽演奏やNHKFM、CDの録音なども行っている。現在、国内外で共演ピアニストとして活躍中。




きょうの日暈
なんだか不思議な感覚がして、

空を見上げたら・・



SH352386.jpg
SH352387.jpg

特大の日暈と

刻々とかたちを変えていく雲

SH352400.jpg
SH352406.jpg
SH352415.jpg
SH352420.jpg



なんだか涙が湧いてきました

ありがとう☆




「いのちを纏う 色・織・きものの思想」
人間国宝の染織家 志村ふくみさんと

鶴見和子さんの対談本。

SH352381_20130606144953.jpg



すばらしい内容で、だいじにだいじに、

ゆっくりゆっくり噛み締めて、読んでいます。

志村ふくみさん、ほんとに素晴らしい

そして素敵な方だなあ。


内容は、色彩のことや染料のこと、お着物のことなど

とても多彩に話されていて、

とても興味深いのですが、


食にも関連するなあと思う部分があったので、

以下、抜粋したいと思います。


これについては、先日の食の講座でもすこし引用してお話しました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


志村 私はある意味では、化学染料はすごく優秀だと思っているんです。経済的で合理的です。人間があらゆる現代科学の粋をいわめて色を再現していますからね。とくにフランスでもイタリアでも、エルメスのスカーフなんか見てもきれいでしょう、色が、透明で。でもあれは植物じゃないんです。植物では出ないような透明な色、ものすごく純粋な色が出ているんです。
だから逆にいうと、化学染料は純粋なんです。植物染料は不純なんです。なぜ不純かというと、植物の樹液とか夾雑物が入っているから、すでに不純なんです。化学染料は、まったくの純粋。たとえば、何パーセントのこれとこれを入れれば、透明なブルーが出てくるというわけですから。だからすごくきれいです。
そういうものは、われわれが日常的に使えることは非常に幸せなことだし、現代の人間の特権でもあるんです。
私は、もし化学をやるなら、徹底的にきれいな色を染めてみたいなと思うくらいです。だから否定はしていないんです。

ーしかし化学繊維そのものは決して身体によくないですね。アトピーなどの影響が出ている。

志村 そうなんです。長いこと化学染料で染めの仕事などをしている方が病気になりやすいんです。西陣なんかの染め工場に行くと、気の毒やなと思うほど、ひどい臭いの中で仕事してますよね。作業場はもうなんとも言えない臭いなんです。逆に植物染料の匂いは、いい匂いがします。だからおっしゃる通りで、人間の体を蝕むんです。結果、アトピーが起こったりするんです。

鶴見 そう、アトピーよね、今問題は。着てるものだけじゃなくて、食べてるものもみな同じ。

志村 そう、合成甘味料とか着色料なんかを使っているし・・・。

鶴見 だから、衣食住の全部、考えなおさなきゃだめなのね。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



わたしは、10年ほど前にインドの布の輸入の仕事に関わり、現地に買付けに行ったりしていたので、インドでも化学染料による染色の職業従事者の健康問題や環境問題がたいへん問題になっていることを当時から知っていて、気にかかっていました。


現代の科学はとても素晴らしいものだけど、人間にあまり良くない側面があることが、だんだんと明らかになってきた、ということだと思います。

わたしたちが、そういうことに意識的になることで、今後、科学が、もっと人間に優しいつかわれ方をしていくようになりますようにと、思います。

わたしたちの体も、植物と同じように自然です。「不純」です。

だからあまり、化学的な「純粋」なものとは、相容れない部分があると思います。

「ビタミンC」は、自然である人間の体の中では、「ビタミンC」だけで機能するわけではない。

「植物の樹液とか夾雑物」のように、不純な要素が関わり合って、機能するのです。

自然はホリスティックで、人間もホリスティックです。

そこに目をむけているのが、たとえば、マクロビオティクの、陰陽論、エネルギー、食養の考え方だと思います。


私の観察するかぎり、私の知る限りにおいては、化学的につくり出された物質が、「自然の一部としての人間」に対しては、あまり良くない影響がある、というのがわかってきていて、たくさんの人がそれを意識するようになってきているように見えます。

だから今後、いままでと同じ方向にそのまま突き進むのではなく、改良して工夫して使っていくようになれば良いと思います。

昔の日本人が、食生活において、あまり適切でない効果がある食物を、「調理」によって人間に適するように調えたように(ちなみに、「調理」とは、「とこわりをととのえる」という意味です)、現代科学にも「智慧」が必要とされていると思います。



今後、科学も、「人間の知恵」によって、人間・自然を主体に発展していけばいいな、と思います。

科学も、自然の一部である人間がつくったものだから、本来自然の一部です。

だからこそ、ほんとうの意味で、人間・自然を主体とした方向性に、利用され発展して行けば良いなと思うのです。


未来の科学は、そうなってほしいし、そうなっていくんだろうと思います。

その方向へいくのであれば、まずはじめに、人間の価値観や、「美の概念」が変化していくだろうとも、思います。

それが本当の意味での、これからの人間の進化・発展だろうと思います。






宮崎へ
宮崎にちょこっと行ってきました♪

青島神社↓
DSC_5065_3.jpg
DSC_5076.jpg
左側の島全体が、かみさまの聖域。
DSC_5094.jpg
DSC_5095.jpg
”鬼のせんたく岩”
DSC_5075_2.jpg
DSC_5073.jpg
DSC_5098.jpg



南国の植生が大好きで・・
3分の2くらいは、九州と四国がルーツだからかな?
九州とか南のほうに行くと、
自分の中の深い場所が、落ち着く感じがします。
今回も、素敵なお花や木にいっぱい出会いました♪
DSC_5103.jpg
DSC_5110.jpg
DSC_5137.jpg
DSC_5142.jpg
DSC_5148.jpg
DSC_5154.jpg

鵜戸神宮↓
DSC_5157.jpg
岩窟の中に、お社があります
DSC_5165.jpg
DSC_5168.jpg
DSC_5176.jpg
真ん中は、竜宮城のお使いのカメさん岩♪
ちょっと前から、なんだかカメが気になって気になって
仕方がなかったのですが、ここでまたカメさんに遭遇(^-^)

DSC_5179.jpg

DSC_5181.jpg
バナナ
DSC_5190.jpg
ジャガランタ♫
DSC_5192.jpg

DSC_5214.jpg
ブラシの木♪

DSC_5213.jpg
サンゴシドウとあじさい♪

DSC_5223.jpg

DSC_5226.jpg

SH352320.jpg
"しあわせの杉"♪
SH352323.jpg






スピリット
ひみつのおはなし。


スピリットって、お酒のことじゃないよ笑



このところ

カメさんのスピリットがわたしに近寄ってきて

描いてっていうよ。


きのうもたくさん、カメさんに会いました


うふふ

ひみつのおはなしでした(^-^)



とりあえず、いまから九州いってきまーす♪






「三瀬 彩 小さな絵画展@cafe haretoke」ありがとうございました!
昨日で、

三瀬 彩 小さな絵画展 @ cafe haretoke

終了いたしました。


DSC_5057.jpg

観にいらしていただいた方々、
ほんとにありがとうございました!!

来てくださったみなさんと
もっと写真ちゃんと撮っておけばよかったな・・
と、あとから思うんですよね、いつも(, .)

そんなぼーっとしたわたしですが、

ちいさなモノたちと出会っていただいて、
ほんとの色や質感をみていただけて、
夢が叶いました♪

書いてくださった芳名帳のメッセージは
ほんと、宝です♪


今回来ていただけなかったけど、
いつも応援して気にかけてくださる方々も
ほんとにありがとうございます。

そんなみなさんのおかげで、
わたしはまた、うごくことできて
次のちいさなイキモノたちを
うみだすことができます◎


そして、cafe haretokeのオーナーまるちゃん
ほんとにありがとう♪
最終日も、こころがわーってあったかくなる
またまたミラクルなひ!でした◎

素敵な人と、人たちとつながれてほんと幸せ♪
これからもつながって
いろんな渦うみだしてくださいね◎

まるちゃんと、
カメラ大好き、ばいばいの嫌いな
看板むすめ?むすこ?のウーパーちゃんに
また会いにいきます♪

なんか手紙みたいなご報告になっちゃった!!笑


みんなみんなだいすきだ!!

ありがとう∞


SH352119_20130601104637.jpg

DSC_5047.jpg

SH352194.jpg

DSC_5053_20130601104951.jpg

SH352189.jpg

SH352216.jpg

SH352217.jpg

SH352116_20130601104449.jpg

DSC_5042.jpg

SH352304.jpg






copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。