little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
@pacato cafe 主要メンバー♪
4月14日(日)からのpacato cafe でのライブ&展示


打ち合わせしてきました


私はアクリルの絵を数点、展示させていただきます



主要メンバーです♪


pacato-members_20130330004718.jpg



優しくてあったかい

とっても素敵な人たちばっかりです↑

会いにきてくださいね◎



ライブも展示も

いいものになりそうです


詳細もだいぶ詰めれたので

また追ってUPします♪








スポンサーサイト
旅が呼んでる
旅に永らく行ってなさすぎて、

なんだかヘン、私じゃないみたい(笑)



約2年も、国外はおろか、国内旅行にも出ていない

ありえな〜〜い〜〜(笑)


そろそろむずむずが我慢できなくなってきた!

 ↑旅の虫




最近は、出雲大社が呼んでるし、


ここ一年くらいかなあ、

阿蘇が呼んでる。


ハワイイ島も呼んでる。


ウユニ塩湖、南米はずっと呼んでる。


モロッコも。スペインも。


東南アジアも久しぶりに行きたいな


ダラムサラにダライラマ法王猊下に会いに行きたいな


エミリー・ウングワレーの故郷ー

オーストラリアは、アボリジニのユートピアも訪ねてみたいな


仕事でしか行ったことないインドも気になるなあ


ほかにもいっぱいあるんだけど。



ここ2年くらい旅立てなかったから

これから、また行きたいとこへいっぱい行くのだ!



ここで宣言したら

さっさと実現できる気がして書いてみた(笑)




まずは手始めに出雲くらいからかな。


縁結びだしねえ! きゃ◎




余談ですが・・・

旅なれた知人の情報では、

新婚旅行はギリシャがおすすめだそうで◎

ぜったい一人ではいくなよ、と言われた、

女友達でもいいから誰かと行かないと

「なんでこんな綺麗なとこに私は一人で居るのだ?」と

いたたまれなくなるそうです(笑)

貴重なご意見サンキュです(笑)




きょうはお気楽な話でしたv












自給自足
雨上がりは

お花の色がみずみずしく冴えて

とても綺麗!

今週末桜も見頃になるかな?

楽しみです




さて、本題。

ある方のブログを見て載ってた言葉が、

私の今感じてることに

インスピレーションを与えてくれた。



それはつまり、


”自給自足”

ってとても大事ってこと。



農業的意味に限定せず、

自己独立した"存在"として

自らを充足すること。


そこから表現すること。


たとえば、いわゆる”組織”化すると

固定された中での自由度の限定された個人が

その固定された枠のなかで係わり合うことになる

結果、欺瞞や依存が生まれる



それぞれが自主独立して存在していて、

その人自身を表現して、

そのうえで

自由にゆたかに繋がりあったり

また自由に穏やかに離れたり

また繋がったりしていく関係性。

組織でなく、もっとフレキシブルなチームのような・・

そういう在り方に向かうときなのだという感じがしている。



そのためには

まず”自給自足”すること。



「足りないところを補い合う」

のでなく

「自分でまず事足りる」こと



そのうえで

自由に繋がり合う



前者は「足りない自己」という意識から発信し、

結果、つながって依存を生み、

後者は「完全な自己」という意識から発信し

結果、つながって自由に与え合う関係性。



似ているようで

そこにある意識と

結果生まれるものがまったく違う



もっといえば

前者は枠の中だからこそ、競争を生む

後者は、限定されることなく、互いの協力を生む



個人的な関係においても

もっと広い社会的な関係でも

そのような在り方

そのような繋がり方に

いまとても興味があります


まず自分が向かおうと思っています、

向かいつつあります



"自給自足"と"コミュニケーション"が

そのキーであると思っています。


ーーーーーーー




満ちたお月様

この満月すこい!

アイデアが導きが

流れ星みたいにいっぱい降ってくる!

みなさんはどうですか?



雲にかくれていても

まんまるの美しいお月様、心の目で

仰ぎ見てみてください♪




「本当に自分の人生を生きることを考え始めた人たちへ」
親友が貸してくれた、銀色夏生さんの本

「本当に自分の人生を生きることを

 考え始めた人たちへ」



SH351861.jpg



以前にワークショップに参加して

仰っていることにとても共感できて

中庸で大きな視点で発信されて

活動されていることに

いま、とても尊敬を感じている表現者

冨田貴史さんとのお話の本でした(!!)


いまの自分に必要な情報が

ぎゅぎゅぎゅっとつまっていました。




銀色「晴れやかに生きていきたくない?いきたいよね」

冨田「そこが前提ですよね」




わたしも晴れやかに

生きていこう。



親友も、たくさんの人に配りたい、

と言っていた本です。











おわりは、はじまり
永らく絵の展示をさせていただいてた

さるぅ屋カフェ CHAMONさんが、

惜しまれながら本日をもって閉店。

きょうは、最終日でした。


SH351860_20130324214602.jpg



私も午後から、最後のお茶しにいきました(^-^)


CHAMONさんはね、

ぜんぶのもの、ことに心がこもってる

ほんとに素敵なカフェでした。


SH351857.jpg



心のこもったおわりは

心のこもったはじまりになるね。


そして、心のこもった関係は

心がこもってるからこそ

形を変えてもずっと、

これからもつながっていくね。


Little-treeはそう感じました。



心のこもった素敵なあり方で、

だいじなこと、いっぱいおしえてくれた

店長のあやさん、ありがとう◎

またいつか、なんか一緒にやらせてください◎



それまで、私もがんばろう!

今日も、そう思わせてくれました。



やさしくてかわいくてあったかい

CHAMONのスタッフさん達は、

最終日もきらっきらに輝いていました。

あったかい気持ち、またもらいました。



SH351856.jpg
バンズに刺さってる干支のスティック、今日は何のどうぶつかな〜〜って楽しみだったアボガドサンドも食べ納め。
京都のさるぅ屋では、今後もいただけますよ〜〜◎






スタッフさんもそうだし、

素敵な人が集まるカフェでしたね(^-^)

SH351859.jpg
こちら、めっちゃ素敵
沖縄の家具職人さん
Banana Furniture Storeさんの
沖縄の木を使った手づくりのお花!!





ちなみに今日、

CHAMONに突然予定が合って一緒に来てくれたは、

7年前にファッションショーイベントetc.を

手伝ってくれたりした、

旧友Momoちゃん。

久々に会って話してたら、

元気度パワーアップしたMomoちゃんとの間に

また新しく、楽しい企画がもちあがりました!!

私も前に向かって、

楽しいことは実現あるのみ♪

わくわく〜〜こちらもご期待ください(^-^)/















きょう
きょうは


すっごい愛の日!!!!


真っ白に満開の


ユキヤナギが祝福してる
春ですねぇ
DSC_4736.jpg

DSC_4747.jpg



DSC_4751.jpg

DSC_4755.jpg




今年はじめて海にはいりましたよ、きもちぃ〜〜








-どうやって-

どうして?って、きけなくて、笑う


こうしてって、いえなくて、笑う


そんなことを 何百年もしているうちに


なにもかもがすっかり凍りついて


ああ、もう


あなたにもわからなくなる。




冷凍庫で固まってるあの娘を


どうやってもどせばいい?




もしも


銀色にぺかぺか光ってる


プライドの扉をあけて


あらゆる欲望の情熱で


あたためられたら。




いつかそうしてすっかり溶けた日


見知らぬあなたと


真夏の夕暮れみたいなキッチンの


テーブルの上で




ねえ ダンスを踊ろう














マクロきんぴら
マクロビオティックとベジを続けて、はや6年。
今年は花粉やら化学物質やら、きついみたいですが
以前はひどかった花粉症の症状がまったく出てない
Little-treeです。


さて、忙しいとつい、
お手軽なものばかりつくってしまいますが、
今日はお休みだったので久しぶりに、
きちんとお料理して、
マクロビオティックレシピのきんぴらも
作りました(^-^)

「マクロビ三種の神器」のひとつ
と言われるレシピですから
身体にとてもいいです(^-^)


SH351855.jpg


本来は、牛蒡.人参、蓮根ですが
いんげん豆もあったので
彩りに入れてみました。
ちょっと陰性が追加されて、
この季節にぴったりな感じ?!

マクロビオティックのきんぴらは
普通のきんぴらと調理法が違います。
切り方、火の入れかたも工夫があります。
理を調える、調理法です。

ちょっと手間はかかりますが(大したことない笑)
野菜の美味しさと甘みだけがぎゅっと凝縮されて
みりんも入れず、お醤油のみの調味ですが
マクロビアンで無いひとにも
「これ美味しい〜〜」と言っていただけるので
作りがいがあるってものです(^-^)

ちなみに、
お知り合いの方から、
マクロビオティック、食養について
易しく教えて欲しいなーと言っていただいてて、
軽く勉強会とかできたらいいなあ
なんて思ったりしています(^-^)

マクロビオティックの陰陽理論は
自然の法則、
日本人の知恵の結晶なので、
食だけでなく色んなところで役立ちます。

美味しくて身体と心を調えるレシピを
一緒に楽しくつくって、
マクロビオティックの理論を
わかりやすくちょっとお伝えする感じで、
あとは、
和気あいあいと楽しくお話するような
そんなワークショップみたいなのが
できたら楽しいかな?、
なんて思っています。

場所の問題とかもあるので
構想にもいたらず妄想段階(?)ですが、
ご興味おありの方がいらっしゃれば、
何かの折りにでも、お声掛け下さいね♪







創造主
あなたの神性に出会いたいなら

神のようにふるまうのをやめなさい。


他人や貴方自身の思考にもとづいた

「良心的な神」を模倣している限り

あなた本来の創造主は、働くことができない。



あなた自身にとってたいせつでないのに、

誰かのために、また理由無く、

多くのエネルギーを費やしていることを

10個紙に書きなさい。

そして、それを10回読みなさい。



そうしたら

好きな色の風船に入れて飛ばしなさい。




SH351819.jpg






post card も販売中です♪
すでに数名の方にはお問い合わせいただいております、

pacato cafeさんでの展示が近づいて来ています。


今回は、Mikiさんの写真とのコラボ展示。

どんな展示になるかは、

もう私たちのあいだでは

イメージでき上がっておりますが(^-^)

こればっかりは当日までお見せする訳にいかず、

本番お楽しみになさってくださいね(^-^)


ちょっとだけ、2週間前の打ち合わせ風景を・・
  ↓


pacao.jpg

(とっても気さくで素敵な人柄のpacatocafeのオーナーさんが、撮ってくださってた写真をFBから勝手に拝借、笑)


Pacato cafeさんでは、すでに

私の絵をプリントしたポストカードを

販売してくださっています o(T-T)o

これまでの

NPO法人A cup of waterさん経由での販売と同様に、

売上げはタイ・カンボジアの孤児院に

寄附させていただきますm(_ _)m

1枚200円♪

こちらもどうぞ宜しくお願いいたしますね。




DSC_0975_20130318205515.jpg

post card☆
フレームに入れておうちの玄関などに飾ってくださる方が多いみたい♪ヽ(´▽`)ノ フレームは百円ショップでも手軽に手に入りますよ




************


展示期間:
4月14日(日)~4月21日(日) 
@pacato cafe (新開地)


※今回の展示は、関西総合芸術祭re:Artのスピンオフイベントです。
※21日(日)は、京都を中心に活躍されている麻野さんのライブがありますので、ライブ中はチャージが発生致します。ライブにご興味おありの方は、チケットが必要ですので、私まで直接ご連絡ください。
※作家は常駐しておりませんので、お越しの日時がお分かりでしたら、あらかじめご一報いただけると嬉しいです(^-^)

ご連絡・お問い合わせ先:ayamise*hotmail.com (*を@に変えてください)


************





The art of happiness is to serve all.
今日はとてもとても幸せな一日でした。

それもとびきり!


私はいつも、自然の中に居ると、

なんてこの世は素晴らしいんだろう美しいんだろうって

すごい感謝やリスペクトや幸福感が

溢れるほど湧いてくるのだけど、


今日は

街の中、人の中に居ても

どんな場所にいても

そうなれるんだ

同じ感覚になれるんだ

ということが解ったから!


そういう風に居られることがきっと

私にとっての、地上の天国です!(^-^)



仕事帰りに友人と

大好きなベジカフェで

Yogi-teaを頼んだら、

私にぴったりのメッセージ。

(Yogi-teaのポーションのタグには

 ひとつひとつ素敵なメッセージが書かれています)



SH351841.jpg



”The art of happiness is to serve all.”




wow!!!


全てにありがとう♪Love!




「私」の表現
DSC_4571.jpg

これは2004年の私の作品。

すごく自分を追い込んで描いていた時期で、
なにか見えない希望を追い求めながら
自分自身の内面に入りこんでる感じで、
今見ると、この絵のなかに
そのときの私自身そのものが
表れているように思います。

この絵を、最近の私の
明るい感じの絵しかご存知ない方数名に
試しに(というかネタとして、笑)
見ていただいたのですが、
びっくりされるだけでなく、
意外に、とても気に入ってもらえたり
感動してもらえたりするので
面白いです。
何か共感されるものを
この絵にみつけられる方も多いようです。


この時期の私は、
キャンバスにまず絵具を無造作に
「捨てていく」ことから制作を始めていました。
その絵具を捨てたキャンバスをじっと見ていると
絵が「浮かんでくる」。
その「浮かんでくる絵」を、試行錯誤しながら
そこに描きつけていくような感じでした。
かなり集中力を要する描き方だったと思います。


表現というのは、
何を描いても、そのときの自分自身そのもののようです。
「歌手なんて、たちの悪いストリッパーみたいなもの」
と誰かが書いてたのを読んだことがありますが、
絵画だって同じことかもしれません。


   ・


さて、私は、これまで、
自分の仕事として、パンフレットの挿絵や
イラストっぽい仕事をさせていただいたことが
何度かあります。
注文で絵を描かせていただいたことも何度かあります。
いずれの仕事も、その依頼者の方は
「好きに描いてくれて良いよ」というスタンスで、
私は完全に自分のイメージで
想像力と創造力をふくらませて
描きたいようにやりたいようにやらせてもらいました。
逆にいうと、そうでないもの、
つまり自分の表現としてできないものは
何故かそのお仕事をすることができませんでした。
話があっても実現しなかったり、
流れてしまったり・・。


もちろん、私も、
雇われ仕事としては、
あるイベント会社の広報デザインの
ディレクションの仕事をしていたことがあり、
そこで鍛えられた経験から、
「100%依頼者のニーズを汲む+α」の
デザインのディレクションをすることは
完璧に期待に添う形でできるようになりました。


しかし、それはまったく、
「自分自身以外」としてやっていた感覚です。


どうも私は最初から、
自分の制作の仕事、としては、
いわゆる、
顧客のニーズにあわせて描くイラストレーションや、
デザインをすることを望んでなかったみたいです。
「私はアーティストでありたい、表現者でありたい」
とずっと心の底で思っていたから。
イラストレーターや、商業デザイナーにはなりたくなかった。
しかしその自分の本当の気持ちを認めるまでには
とてもとても長い時間がかかって、
「なぜ、デッサン力はあるのに、
イラストやデザインを、私は「やらない」のだろう、
仕事が欲しいのに、なぜ?
せっかく声をかけてもらってるのになぜ?」と、
何度もそれについて、とてもとても悩んだことが
たくさんあって、いろんなことを経験して、
やっとそれに気がつきました。

いま私は、
「私はこれでいい」、と思うことができます。

自分は自分で良い、自分の表現をやればいい。
自分のやり方でやればいい。

既存の商業システムに乗っかれないことで
自分の創造性を疑わないで、
いろんな制作経験をしていけばいい。
表現活動は、生きることそのものなんだから。
もっと言えば、「絵画」という枠組みから、はみでちゃってもいい!
なんでもいいんだと

確信をもってそう思います。

まだ、良いお手本にはなれてないかもしれませんが、
私の後を歩んでくる、若いアーティストにそう伝えたいなあ。
好きにやったらいいんだと。

もちろん、イラストレーターやデザイナーの道を選ぶとしたら、それもその人の道ですばらしい。

私もこれから、まだまだ画風も変わると思います。
決めつけずにやっていきたいと思います。
でもいつでも、私はアーティストとして、表現者として描いてくことを選ぶと思いますけれど。



・・・
今日は、最近知り合った、
若いアーティストの卵の男の子に。

あ、何か届けば、良いなあ、と思って書きました(^-^)o










スピリチュアル
わたしはときどき

木に呼び止められるときがあります

鳥に話し掛けられている気持ちがするときがあります

それは、自分の内側の声を聞くのと同じ感覚です

外側で起こっていることに注意深くなることと

自分の内側で起こっていることに注意深くいることは

同じ風に感じます


いずれも、ひとりでいるとき

いまここで起きていること、に気づいているときに、

それは起こります

とくに自然の中に居ると、囁きは満ちていると感じます

自分の中にも、囁きは満ちています

それにただ、耳を澄まします。

よく見ようとすることは

よく聴こうと耳を澄ますことに似ています

よく聴こうとすることは

よく見ようとすることに似ています


そういう意味で、絵を描くことと

スピリチュアルでいることは

私にとってまるで同じことです

そして、私が惹かれるのは

スピリチュアルが好きな人ではなく

スピリチュアルを知っている人でもなく

どんなことをしているにせよ

スピリチュアルに生きている人です





「マチュピチュ「発見」100年 インカ帝国展」
京都文化博物館で4月16日から開催の


「マチュピチュ「発見」100年 インカ帝国展」


inka_banner.jpg




公式サイトより

本展覧会は4部構成で、考古学、人類学、そして歴史学によって見えてきた、インカとその人々の姿、そして、スペインによる征服後にその社会がどのように変貌したのかをご紹介します。展示総数約160点。ほとんどが日本初公開です。



面白そう!


【会期】
 2013年4月16日(火)~6月23日(日)
*月曜日休館(月曜日が祝日の場合は開館、その翌日休館)
*開館時間10:00〜18:00。金曜日は19:30まで。(入場はそれぞれ30分前まで)

【会場】
 京都文化博物館 




やめてみること、やっていくこと。
facebookをしばらくやってきましたが、

このブログもリンクさせてきましたが、

そこに流れるエネルギーのやりとりが、

なんとなく、自分には合ってないなあ、

とちょっと前から感じはじめてたので

しばらくやめてみようと思います。


やっぱり人と人は、人と人として

互換的そして五感的、さらに六感的に

血の通ったコミュニケーションで

繋がっていなくてはいけないと思う。


コマーシャル的なコミュニケーションであれば

(たとえばお商売とかね、人気を計るとか、

 ただ拡げる感じの。)

日々のFacebook的コミュニケーションは

合っていると思う。


でも、本当にコミュニティしたかったら

日々FBでコミュニケーションするのは

ちょっと焦点がズレちゃう感じします。


Little-treeも自分がどこへ向かいたいか、

だいぶ解って来たからね、

いろんな部分でいろんなやり方を

自分なりに見直して

あたらしく構築していきたいと思います。



「Think Globally, Act Locally.」

という言葉があるけど、

さらにAct は、真にインタラクティブでないと。

ちゃんと繋がらないと。

単なる言葉のやり取りを超えた、対話でないと。

と、最近思う。

Unity であるために。



いいなあ、と本心から思う人に

いいなあ、と本心から思った時に

全身全霊でそれを表現したいんかもしれません。

そして、私にコミットしてくれてる人にも

そうして欲しい(*^-^*)

まっすぐであるために。


そしてそれがどんな風に”いい”のか、

ちゃんと対話し深め合いたいのかもしれません。


その点において、

FBのいいね!は、私のしたいのと

ちょっと違っている。


まだうまくまとまらず

うまく言えませんが。


私にコミットしてくれてる人に

ちゃんとコミットしていきたい。

もっと対話し、会話したい。

いまここの私は、そう思ってる。



本当の友達には

FB的コミュニケーションは必要ないもん。



ただ、遠く離れた人へのメッセージは

FBを”手段”として

ぼちぼち続けていきたいと思ってる。

いまのとこ、ほかにいい方法がないから。


SH351837.jpg




















思う日


わたしたちが何を学んだか

思い出すのにぴったりの日がある



わたしたちが何をまだ学んでいないか

思いを致すのにぴったりの日がある。



SH351836.jpg







変わりもの
小さい頃から、

仙人みたいなおじいさんとか、

悟ってるみたいなおばあさんとか、

学校中で恐がられている

ベテランの熱血な女性の先生とか、

面白くて変わり者で、ほかの先生からは浮いている

でもとても子供思いの男の先生とか、

幼稚園のおばあちゃん園長先生とか、

ちょっと変わった人が、私をすごく誉めてくれた。

「えこひいきや:」と姉とかが言うくらい、

みんな私を、すごいすごいと認めてくれた。


私も親も、なんで誉めてもらえてるのか

全然わかっていなかったんですが。

(いまもわからん)


かたや、

ほかの子供達に人気のある、

大学出たての若い男の先生や

おねえさん的な幼稚園の先生には

あんまり好かれなかった。

というか、もしや嫌われてたかもしれない:

いま思えば、扱いづらいと思われてたんだろうな。

「せんせ〜!」って寄っていったりとか、

全然しなかったから。



そんな風に、ちょっと変わった人に好かれてきた

ちょっと変わった人である私は

さいきん

ちょっと変わった人に生まれついて良かったなあと

思っている。

なんだか「私」をやるのにぴったりな気がするから。


だけど、もし私が、ぜんぜん変わってない子(?)に

生まれて来てたとしたら、

たぶん、

ぜんぜん変わってない普通の子で良かったなあ、と

思っていたんだと思う。

そういう「自分」をやるのに、ぴったりだから。



自分と他人の違いなんて、

きっと、その程度のものなんだと思う。




SH351829.jpg






「ヤナの森の生活」
今日2回目の更新。

だけどこれ書かずにはいられない〜




本屋さんで手に取って、

そのあと意味なく走りだしてしまったくらい、

タマシイがよろこんだ!

この本!↓


SH351834.jpg


「 ヤナの森の生活
〜ハワイ島の大地に生きる〜 」




ハワイ島に住む、

フランス人アーティストの

自然とともに生きる生活。


ずっと以前に、私があたまに描いてた

理想のおうちのイメージにとても似ていて

涙が出そうになりました。



忘れかけてた気持ちさん



タダイマ!!




ピンときてくれる人が、

何人かあたまに浮かびました(^-^)

是非見てみてほしいです◎




SH351833.jpg
これは今日みつけた、好みのお花。





素敵のものさし
20代のころは、

疲れていても我慢して

笑顔で頑張る人がすごいんだと思ってた。

でも最近は、

疲れてる時は「ちょっとしんどいんだ〜」って

素直に、

小休止を取れる人のほうが

オトナとして素敵だなあ、

と、感じたりする。



おなじように、

20代のころは、

寒さをがまんして

冬でも薄着でいるのがお洒落さんだ

と思っていた

(雑誌の刷り込みが大きかった、笑)


でも、最近は、

季節に合った

ちゃんとあったかいお洒落をできる人が

素敵だなあと思う。


自分をちゃんと知ってる女性の

穏やかな精神や、

ぶれないしなやかな芯を

なんとなく感じられるから。



SH351832_20130305173553.jpg
そうは思わないかね?ミニバラさんよ












おそうじ いそがし
今日は、野暮用で午前中は家にいました。

合間の時間におそうじおそうじ。


あああ、

イラナイモノが、いつのまにか

こんなに積もっていっている。

ベランダのハーブも

こないだ手入れした気がするのに

もう枯れ葉が、たくさん出ている。


じぶんのなかも、じぶんのそとも

おそうじ たいせつ。


ああ、いきてるって

けっこう いそがし(^-^)


あ、いつか描いた、らくがきはっけん↓
SH351828.jpg





1/ベジタリアンな理由
私が、ベジタリアン食を続けている、大きな理由のひとつがこれです↓


もしも全ての人々が完全に肉食を止めたら・・・

・現在 2.3 秒毎に人間の子供が飢えで亡くなり、10 億 2000 万人以上の人々が飢えに苦しんでいますが、もしも全ての人々が肉食を止めて、家畜に与えられている大量の穀物を私達人間が直接消費する事が出来れば、2050 年の推定人口を上回る、100億を超える人々を養う事が出来ます



1kgの牛肉を生産するのに、8kgの穀物を必要とすると言われています。
裕福な国が、お肉の生産のため、とうもろこしなどを世界の飢えてる国から買っているという状況です。

ご存知でしたか??


ポール・マッカートニーとオノ・ヨーコが肉の消費量を減らす運動に賛同!





かおラテ♪
SH351826.jpg


今日は、CHAMONさんで絵の搬出。

いつもヨギティを頼むんだけど、

はじめてラテを頼んだら

私の顔を描いてくれた(^ー^)

こんなかわいい?

すごいなあ◎







いろいろかんがえた
人、というのは
きほんてきに、
誰かから認められたいイキモノです。


誰かから認められるには、
2つの方法、入り口があって

ひとつは、
まず徹底的に他人から認めてもらおうとする方法。

もうひとつは、
まず、ただ自分で自分を認める方法です。


どちらも、同じように、
自己と他者の両方から肯定されたい、
という意図があり、
それを実現する方法です。
でもそうしていく上での、
プロセスと意識の方向性が違います。


前者のように、他人から認めてもらうことで
自分を認めようとすると、
たくさんものを一生、
次々手に入れ続けなくてはいけません。
常に得続けなくてはいけませんが
手に入れられなくなる不安と隣り合わせです。

後者のように自分を単に認めてしまえば
いまここで完結、安心して穏やかでいられます。
らくちんです(笑)


これまでの物質社会では、
前者の意識の持ち方が合っていたと思います。
そういった狭い意味での「向上心」は
消費&生産&購買意欲を促すし。
でもこれから未来の社会は、
地球や子供達や生物多様性を守っていく意味でも
後者の方が合っているんではないかな、と思います。


前者のように
他人から認められることを入り口とするなら
経済的にも、意識的にも競争が生まれると思います。
人より優れてなくては認めてもらえない、
という恐れがあるからです。

後者のように自分で自分を認めて生きていれば、
同じような人達が歩み寄ってきてくれて、
そこに生まれるのは、純粋な認め合いと協力です。


競争が好きな人達も沢山いるみたいだけど、
わたしは
皆が協力しあうような未来がくればいいなと思っているので

まず自分がそうしていこう、
そして
同じ方向に向かってる仲間と
もっとつながっていきたいなあ
と思っています。











CHAMONさん展示 終了 ありがとうございました
R8237643_20120326235917_20130303184822.jpg


昨年の3月からさせていただいていた

さるぅ屋カフェCHAMONさんでの絵の展示

本日で終了いたしました。

気がつけば、展示開始から

ほぼ一年も経っていたのですね!

その間、

お越し下さった皆様、絵を観ていただいた皆様

応援してくださった皆様、

本当にありがとうございました。


たくさんの方に観ていただける機会をいただき

ここでの展示をはじまりに

ご縁をいただいた方々もいらっしゃって、

本当に本当に感謝です。


R8237560_20130303184857.jpg


大好きな空間

CHAMONさん。

永らく展示させていただいて

ありがとうございました。

残念ながら

3月24日に閉店されますが、

素敵な店長姉妹とスタッフさんは、

今日もいつもと変わらず、ていねいに、

お客様に居心地のいい空間を、

日々つみかさね、つくっています。

ゆるりとお茶しに足をお運びくださいね(^-^)


3月9日には、

カフェでのフリマ ぐるり市も開催されます。

ぜひ訪ねてみてください◎



おわりは、はじまり。

私も、また新しくなった私で、

新しい表現で、

皆様にまた観ていただけるよう、

制作頑張ります!



うちゅういっぱいぶんくらい感謝を込めて。


三瀬 彩







古代マヤ神聖歴 生命樹占い
忙しければ忙しいほど

やりたいことが増えていく・・

細胞分裂する細菌のようなLittle-treeです。

(たとえまちがってる?)



さて、そんなこんなで(どんなだ)、

昨日は

古代マヤ神聖歴ツォルキンの、

生命樹占い行ってきました!


通常、

占いとか嫌いで自分からわざわざ行かない私ですが、

これはピンときた!

人生で初の占い体験。


めちゃおもしろかったです!

占いっていうより、

宇宙的にイマジネーションで読み解くってかんじ。

マヤ暦の叡智は深い〜〜!!


SH351811.jpg
これが私のデイサイン♪でもなんかいかつい・・orz


内容は、結構深いのでここでは言いませんが

私も、一緒に行った親友もすごい当たっていて、

おもしろかった!!


自分の本質を「やっぱりそうなんや(@-@)」

って再確認し、

或いは「やっぱりそうなんやorz」

みたいなのもあり(笑)

ある意味、

私の本質的な性質・・

逃げだせないんだなと、

いい意味で肚をくくりましたよ、わたくし(笑)



これからしばらくどんな感じでいこうかな、

と、漠然と考えてた事に

大きな、にじゅうまる◎を貰えた感じもして

良かったです(^-^)


ちなみに

親友のデイサインの生命樹は、

ピンクの女性性的な意味のカードが多くて、

私のカードは、写真のとおり、

金色とかシルバーとか大地の色とかで、

女性性っぽい性質のカードが1枚も無かったのが

心に沁みました、じーん(T-T)

私はなんでこの誕生日を選んだんだろと

唯一たいへんこころのこり(?)でした

(笑)



それはともかく

やっぱりスゴイ、古代マヤ。
















copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。