little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小さな春
ちいさな春みつけた!

懐かしい青い香り。

空の色も違ってきたよ。

とても嬉しい!

DSC_4667.jpg
DSC_4670.jpg
DSC_4673.jpg
DSC_4674.jpg
DSC_4676.jpg
DSC_4681.jpg
DSC_4682.jpg
DSC_4686.jpg
DSC_4687.jpg
DSC_4690.jpg
DSC_4695.jpg
DSC_4697.jpg
DSC_4699.jpg







スポンサーサイト
自分の内側の声に

耳を澄ますってとても大事な事だと思っています。


その声は、ときどき突然、

自分自身にとっては

結構ぶっ飛んだことを、言ってきます。




きょうは

「自分より弱いとか困っている迷っているとか、

 可哀想とか・・・

 そういう人を助けたい、

 力になりたいと思うのは簡単です。


 自分よりずっと幸せそうで恵まれていて

 全部を手に入れてるように見える人を、

 その人がもっと幸せになるよう心の底から願って

 行動できたら、それが本物ですね〜〜(にひひ)」





・・いやいやいや、わかるけどさあ



でも、聞いたからには、

やるんでしょうねえ・・



やれやれ(笑)






earth
梅の花と春の気配
岡本梅林と保久良神社


梅は見頃にはちょっと早いけど、

春を感じました(^-^)


SH351761.jpg
SH351767.jpg
SH351763.jpg
SH351771.jpg
SH351789.jpg
SH351795.jpg


皆様も良い週末を!!(^-^)/


「ずっとやりたかったことを、やりなさい」
昨日のブログで言ってた

おすすめ本はこれです。

zuttoyaritakattakoto.jpg

タイトル、わかりやすいですねえ(笑)

原題は"The Artist's Way"。

アーティスト向けに書かれていますが、

アーティストでなくても

創造性を取り戻したい、養いたい人への

役立つワークとアドバイスが満載です。

私はスピリチュアリズム、精神世界を探求して

さらにこの本を深く理解できるようになりました◎

かなり奥深い内容なので、

ときどき読み返すと新たな気づきがあります◎

創造性を発揮するためには

他人や世間がどうであれ、

まず自分自身の感じていることを認める事、

自己信頼あってこそ、行動につながると思います。

そのために大きな勇気をくれる本です。

どんなに自分を信頼している人でも、

創造的になるとき、必ず不安や恐れはやってきます。

自分にとって新しいことをするんだから。


もし何の不安も恐れもないのなら、

十分に創造的ではないと疑ってみた方がいいのかも(笑)

既存の価値観に従っていて、

新たな領域に立ち入らないなら

自分にも他人にも、不安を与えずに済むのですから。

でも、そうして自分を内側の声を抑え続けていたら、

本当の自分=自分の中のアーティスト・チャイルドは

どんどん元気を失っていきます。

著者ジュリア・キャメロンが

「人はみな生まれながらのアーティストである」と

言うように、

人はもともと創造的にできているのですから。


恐れから逃げずに、

自分のやりたいことに踏み出すことや

創造性をより一層発揮する事を助けてくれる

心強い素敵な本だと思います(^-^)


この本のワークを全部やらなくていいとは思いますが、

やっぱり自分で実践、行動はしないとだめかなとは思います。

著者が言うように

創造性はプロセス、ですゆえに。



最近、2が発売されていたので、

Little-treeはさっそくこちらを読んでいます。


zugttoyaritakattakoto2.jpg


こちらもおすすめ!!


「偉大なる創造主は、

 私たちひとりひとりの中に住んでいる。」


ご興味ある方は、ぜひ(^-^)/






twitterより
twitter『ガンディー 魂の言葉』より

人のためになるならば、動物を殺すことは、罪ではないという。

人の役に立つからと殺され、役に立たなければやはり殺される。

これが、地上のあらゆる命に対する暴力でなくて何であろう


Deep River
今日も、携帯からの更新で
表示が整ってなくて見苦しいかも・・すみません(>_<)



―Deep River

―遥かだけれど

―越えていこう

―行こうよ神のみもとへ



黒人霊歌の一節です。

小学生のとき合唱団に所属していて、

その時、年長の中高生の方々が歌っていらして

大好きになった歌。

私も、いつか歌えるのを

とても楽しみにしてた歌。

けれど中学受験のために

3年生で合唱団はやめなくてはいけなくなりました。

そして歌が大好きだった私の

小さな夢は心の中に封印されて

見ないように蓋をされ続けてきました。



そんな私が、少し前からまた、歌を始めています。

ただ歌っているだけで、

それだけで、

とてもとてもとても幸せ。


  ・


―神のみもと―

私は、それが遠くでなく自分の中心にある、と

小さい頃から思っていた気がします

広い広い、和やかで美しい場所。

  ・


自分がやりたいことをやる。

ずっとやりたかったことをやる。

人からみれば取るに足らない小さなことみたいでも

実は本人にとってはとても大きなことです

それは軽視したらいけないと思う

誰かに軽視されるはまだしも

自分でやったら絶対いけない


そんな今更、とか

自分には向いてない、とか理由をくっつけないで

やりたいことをやっていますか

無目的に。

ただやるためだけにやる。


だって、何のために生きるかって、

ただ生きるってことをやるためだから。(^-^)


でも引っ込んじゃう気持ち

それを越えていくために

とても良い本があるので

明日のブログで紹介しようと思います(^-^)



今朝
あんまり綺麗に

気持ち良く

空が晴れていたものから

嬉しくて走ってしまった


仕事に遅れそうだからとかじゃなく

まるで子供みたいに



わぁーっ!て叫びだしたいくらい

生きてるって

素晴らしいネ!!
繊細さ
繊細さ。

というのは、時に

ただ辛いだけだったりする(笑)



でも、

それが誰かの役に立ったとき

それは大きな喜びになる!



それを経験するためには、

それが起こるのを邪魔しないこと。

自分がやった、とか思うのではなくて

「それが起こった」ことにただ感謝すること。

そんな気がします。


DSC_4319.jpg





ホンモノの
FBではシェアしましたが、こっちもあげときます。

多くの日本人に読んでもらいたい、

若杉さんのホンモノの愛の言葉。

  ↓ ↓ ↓
若杉友子さんインタビュー


講演行きたい会いたいなあ!o(^-^)o




ヒトリゴト
SH351735_20130215181317.jpg


-幸せ!幸せ!!
-これを誰かにわかちあいたい!!!

本当に純粋に幸せを感じたとき
ただ自然に、けど強烈に
その気持ちが湧きあがってくる!

私はその場所から、すべての表現をやりたいと思う。
日常のあらゆる表現。

幸せの種、はじまりは
例えば暖かい太陽を全身が感じたときみたいな
とてもささやかなこと。

いまここで
ささやかなことに見いだせないものが
遠くのどこに見いだせるでしょう

    ・

日々のすべての行為は、表現は、
芸術になり得る。
そこに意識がともなうならば
落書きではない作品になる。

表現は生きること
創造とは生命活動
何も表現せずに生きている人はいないし
何も創造せずに生きている人もいない
死ぬ事でさえ、クリエーションなのだから。

むろん、創造は、ストラテジーではない。
生命のように、わき起こるもの、与えられるもの。
芸術は、ただ意識的に今を生きることと同じ。
それは創造する。

いまここしかないのだから
表現せずに創造せずに生きることなどできないのだから
今ここで何を表現する?何を創造する?
自分自身のどの場所からする?

喜びからは喜びが生まれる。
ひまわりの種からひまわりの花が咲くように。
桜の枝に、桜の花が咲くように。
いま、
石ころを植えるのか、ひまわりを植えるのか
意識をもってえらぶなら、
すべての表現、すべての行為は芸術だと思う。
そこに創造がある。


SH351736.jpg




"I Shall be Released"
"I Shall be Released"

めっちゃ良い歌詞ですね(^-^)


もともとはボブ・ディランの曲だそうで、

たくさんの人にカヴァーされてますが

これは、私の大好きなニーナのヴァージョン





和訳はこれまた
色んな方にいろんな風に訳されているようですが、


自分の経験を誰かのせいにするのをやめて
今まで出会って
ここに自分を導いてくれた人達全てに感謝したとき

”西から東に向かう光”が私に見えて
私は開放される、自由になれる。

手が届かない
守ってもらわなくてはいけない
悪い方へ行ってしまうんだと心配している・・
でも、その思いから自由になったとき
”西から東に向かう光”が私に見えて、
その壁を越えた
もっと高いところへ行けるんだよ。

今にでも私は、開放される、自由になれる


そう、言っているようにLittle-treeは感じます(^-^)



I shall be released
 
They say ev'rything can be replaced
Yet ev'ry distance is not near
So I remember ev'ry face
Of ev'ry man who put me here
I see my light come shining
From the west unto the east
Any day now, any day now
I shall be released

They say ev'ry man needs protection
They say ev'ry man must fall
Yet I swear I see my reflection
Some place so high above this wall
I see my light come shining
From the west unto the east
Any day now, any day now
I shall be released

Standing next to me in this lonely crowd
Is a man who swears he's not to blame
All day long I hear him shout so loud
Crying out that he was framed
I see my light come shining
From the west unto the east
Any day now, any day now
I shall be released







4/14~4/21 絵の展示をいたします@pacato cafe
昨年11月に出展させていただいたリアートのご縁で、

4/14(日)~4/21(日) の約1週間、

私の絵の展示をさせていただくことになりました。


初めての、写真作品との合同展示です。

私の、自然のエネルギーを描いた色彩絵画と、

感覚的に光や瞬間をとらえたMikiさんの写真のコラボ、

どんな感じになるかしら?わくわくしています(^-^)/


4/21(日)には、関西で活動されている麻野さんのライブがありますよ(^-^)



場所は、新開地の"pacato cafe"さんです。

お時間ございましたら、是非足をお運びくださいね!

☆pacato cafe☆


R8237481.jpg
(※これは2012年のカフェ展示の様子です。今回出展の作品ではありませんm(_ _)m)







春節祭
今日の神戸の南京町は

春節祭で大賑わい!!

SH351723.jpg


ちょうど近くに行ってたので、

寄ってみました。


SH351727.jpg
胡麻団子◎


中国語ネイティブの方と一緒だったため、

ちょっと優遇されるという

おもしろ体験つきでしたv


SH351726.jpg


獅子舞や龍舞も

エネルギッシュで元気を貰えますよね(^-^)

やっぱり活気がある神戸はいいなあ(^-^)/



そうそう、ちなみに、

今朝は予定の場所に何故か

20分以上も早く着いてしまい、

近辺をうろうろしてたら「三ノ宮神社」発見。

そうだ、今日は旧正月だなあと思い出して

「初詣」もしてきました(^-^)

私自身の思いもよらず

ぽっかり空いた時間で

予定に無かった旧正月を実感し

満喫した一日でした(^-^)/














月とすっぽん
さいきん、

シゴトで時々お会いする女性で

とても素敵な方がいらっしゃいます。


笑顔が純粋でかわいくて、

全然気取ってなくて、

品があって、

柔らかい優しい感じの綺麗な方。

十何年後、こんな女性になれたらいいなーって

思うような女性です。

とても気持ちのきれいな

育ちの良さが滲み出てるような上品な方。



そんな”月”を身近で見ながら

”すっぽん”Little-treeは、

いっぱい反省したり(笑)

ちょっとだけ見習ってみたり・・。


そんな素敵な方に

これからしばらくの間、

時々お会いできるから、とても嬉しい(^-^)


見習いたい人や

理想は、

いつも遠くじゃなくて近くにあるなあ。










晴れた日に
DSC_4582.jpg
DSC_4590.jpg
DSC_4598.jpg
DSC_4594.jpg
DSC_4601.jpg
DSC_4605.jpg
DSC_4607.jpg
DSC_4612.jpg
DSC_4627.jpg
DSC_4616.jpg
DSC_4642.jpg
DSC_4653.jpg
DSC_4658.jpg


People Get Ready
約1年半あまり

自分に向き合い続けたノートたちです


SH351722.jpg
(ほんとはもっとある、笑)


神との対話ならぬ、紙との対話ですな(笑)


溜まってたこれを今日、ふと捨てようと思った。

10日が旧暦のお正月(新月)だから、いいタイミング。

古いものにありがとう、あたらしいものにこんにちは。


シャワーを浴びてて、浮かんできたのはこの歌!


People get ready/Aretha Franklin

People get ready, there's a train comin'
You don't need no baggage, you just get on board

Faith is the key, open the doors and board them
There's hope for all among those loved the most!



歌っていたら、目の前が

ぱあーっと大きく拡がって

光に溢れるように見えた!


おめでとう、私!(笑)


どなたさまも、

自分にぴったりの列車に乗って

良い旧暦新年をお迎えください(^-^)/









Who is it?




Who is it?

His embrace : a fortress
it fuels me and places
a skeleton of trust
right beneath us
bone by bone
stone by stone

If you ask yourself
patiently
and carefully:
who is it?
who is it?

Who is it - that never lets you down?
Who is it - that gave you back your crown?
and the ornaments are
they're going around
now they're handing it over
they're handing it over
handing it over

He demands a closeness
we all have earned a lightness
carry my joy on the left
carry my pain on the right

If you ask yourself
now patiently
and carefully:
who is it?

Who is it - that never lets you down?
Who is it - that gave you back your crown?
and the ornaments are
they're going around
and I'm handing it over
handing it over




文化への敬意って
Little-tree、めずらしく
怒っております、ぷんぷん!

何かと言うと

橋下市長が、
閉鎖を検討している大阪市立美術館を視察して、
館内の文化財を保管する重要性について認識が欠けていた。
と言ったそうな。

なんじゃそら。

文化財の保護、保管における
美術博物館の役割の重要性、
そんな基本的なことを認識せずに、
何を基準に発言、判断してきたのか?


と、問いたい。

もちろん美術博物館にかぎらず、芸術全般についてもですが。


政治家さんが、こんなであるいま、私たちがやっぱりひとりひとり考えなくちゃいけない。
どんな社会に住みたいでしょう?


ひとしきり怒ったので、
Little-treeも感情的側面からでなく、以下、理性的に引用しながら書きますね、笑。


龍谷ミュージアムの館長さんのツイッターが、心に響きましたので以下引用します。


大阪市立美術館が閉館となることを昨日聞いた。例によって大阪市長の判断によるものだろうが、文化財行政がどんどんおかしくなりつつある。大阪市立美術館は住友が敷地を大阪市に寄付してできたものである。昔の財閥はこと文化財に関しては慧眼をもっていた。伝統文化を守った先人への敬意がまるでない

大阪市立美術館閉鎖に関しての私のツイートに対して、一日で1100件を超えるリツイートがあり、驚いています。コメントも多数寄せられました。ありがとうございます。ひと言申し添えますが、私が警鐘を鳴らすのは日本全土を覆う文化軽視の風潮です。大阪だけの問題ではありません。日本の問題です

大阪市立美術館の問題は老朽化や耐震性の問題ももちろんあります。そして、中之島にできる近代美術館と統合すれば多くの集客が見込め、利用する側も便利でいいという声もあがっています。ただ、ここで考えていただきたいのは四天王寺の近くに立地している文化施設ということです。問題は場所

大阪はかつて文化先進地域でした。大陸の文化がわが国に流入する拠点であったのです。それを示すモニュメントが四天王寺であり、文化の興隆に寄与したのが聖徳太子でした。大阪市立美術館でかつて「聖徳太子」の展示があり、素晴らしい内容でした。場所の力は大きいのです。土地には文化が宿る

いま大阪の行政を担う人たちが聖徳太子の精神を学んでいるでしょうか。「和を以て貴しとなす」という精神は日本文化が生み得た最高のもの。大阪の文化いや日本の文化全体を見るうえでも四天王寺地区は文化再生拠点に位置付けるべき。大阪市に土地を提供した住友もそれを願っていたと思います

文化興隆に貢献した先人に学ぶ意志を喪失すると、ただ成果や効率を求めるだけの組織ができあがります。いま揺れている柔道界にしてもそうです。柔道を確立した嘉納治五郎の「自他共栄」の精神を日本の柔道界は見失ったのです。柔道界だけの問題ではありません。文化を軽視する風潮は実にこわい


引用以上。


付け加えるなら、建物だって文化財です。
政治的意図や利権や集客だけで、新美術館を建設したらいいっ、てものでは、ないと思う。
たしか旧サントリーミュージアムは、土地・安藤忠雄氏設計の建物・展示物ごと大阪市に寄贈されたはずなのに、美術館として使わず、入札で民間に貸付けてるのも不可思議。(今年1月、入札参加はオリックス不動産のみで、月額賃貸借料金約167万円で落札したそうです。4月から10年間の賃貸契約。)
近代美術館についてはそこに移転すれば良かっただけのことじゃないのでしょうか?とも思います。

参照URL:
その1
その2


美術だけでなく、芸術文化に風当たりが強く、文化財行政が混乱している近頃。
歴史的にも、芸術文化を抑圧した果てに行きつくところはただ1つの方向だ、と危惧されている、戦争体験世代の音楽家の方もいらっしゃいます。
社会的な全体の動きとともに、しっかり見ていかなくてはいけないな、という感じもしています。


※私は基本テレビを見る習慣がないので、いろいろ調べはしましたが、もし情報が偏ってたら誰かおしえてくださいませねえ〜〜m(_ _)m








お喋りと美味しいもの の一日
午前中から、
大好きな女性といっぱいお喋り!

心斎橋のオーガニックベジカフェで
ランチしながら、引き続きお喋り!

行きたかったお店がお休みだったので
急遽探したお店だったけれど、
お洒落で美味しくて、大当たり!

SH351714.jpg
オーガニック&ベジタリアンAtl

いやはや
心がぽーんと通じ合う人とのお喋りに勝るものなし!
ですねえ(^-^)


もうすぐ旧暦のお正月ですが、
”来年”は、Little-tree、
止まらず進み続けよう!って、

楽しくおしゃべりしながら、決めた。



夜は、昔のバイトの友人達とごはん会。


シルクロード料理〜〜♪
内装も素敵で、
お料理もめっちゃ美味しかった^ー^
ベジサモサ、ベジカレーなど
ベジ系が選択できるのも私には有り難いし、
また絶対行きたいお店。

SH351716.jpg

SH351719.jpg

SH351720.jpg
最後はチャイでまったり。
スパイスレストランぶはら



充電、完了。





追記:
タイミングよく、こんな言葉が
twitter『ガンディー 魂の言葉』より。

理想に近づこうと努力すればするほど、
理想は遠ざかっていくものだ。
しかし、理想の実現よりも、
はるかに価値あることは、
熱い思いをもって前に進み続けることである。


さすがガンディーさん!
でも私ならこう言いたいな。
価値あることは、
楽しい気持ちで前に進み続けることである、って。(^-^)





すてきフライヤー
今年やってくる巡回展

プーシキン美術館展」のフライヤーが

素敵すぎ!!


SH351711.jpg

表紙はおなじみ、日本人に国民的人気(?)のルノワール

写真がよろしくなくて、すてきさが十分伝わってない気がしてきた。。すみません(; ;)




お洒落な冊子風のつくりなのですが、

表紙をめくると、

ゴッホ・ゴーギャン・モネはじめ、

名画が美しくプリントされ、

SH351712.jpg

さらにそれが、

切り離すとポストカードになっている!!



どなたですか〜〜?!

こんな素敵なフライヤー作ったのは!

展覧会もはやく観に行きたくなっちゃうやんっ?


まあ、神戸に回ってくるのは、

まだまだ先、9月末ですが〜〜(笑)。



ここに載っていた絵の中で、

今のわたしにヒットしたのはこちら

SH351713.jpg

アングルの”聖杯の前の聖母”

ずきゅん。




ぱっと目を引くフライヤーなので、

美術館等で是非みつけてみてくださいねぇ☆


素敵なものに巡り会えて、

Little-treeは

あーきょうもまたしあわせでした^ー^













映画って
映画やドラマは

不必要に強く感情移入してしまうタイプなので、

普段あまり観ないのです。


だから、

コレもかなり観るのに抵抗していたんですが、

ついに観に行ってしまいましたよー



いまさらですが、


レミゼラブル
レ・ミゼラブル




結果。

全部の登場人物にいちいち感情移入してしまったため、

とても忙しかった(笑)


生死、愛について、人生について、生きるって?善悪って?

それらが、一見複雑だけど、

とても鮮やかに描かれていて、さすがの名作ですね。


キリスト教的世界観だなあ、とも思うけど

そういう理性的思考以前に、

直接感情に訴えかけてくる感じがとても強い。

私はというと

涙でぐじゅぐじゅ、胸はぎゅって絞られたみたい痛くて、

エンドロール流れた瞬間、どわーと脱力。

現実に戻って来るのにしばし時間を必要としました(笑)

う~だから観るのイヤだったんだよーっ

とか言いつつ、

じつは今度は家でDVD観て号泣しようかとも思っている(笑)

映画館では、周りの人の手前、

嗚咽を抑えねばならぬ!と我慢したので、

”泣き切れてない感”があるので(笑)


音楽は、

昔、私の姉(←演劇畑)がよく歌ってたので

主要な曲のメロディーは知ってたこともあり、

終わってからも、もう頭をまわるまわる・・

街中で思わず歌ってしまいそになりました。

で、家に帰って、水を得た魚は、歌う歌う(笑)

そういえば友達も日々歌ってるてblogに書いてたわ。

このビョーキはしばらく続きそうやね

サントラほしくなってきました(笑)




なにが言いたいのか

まとまらなくなってきたのでこの辺で

いやー

映画って、

ほんとーにいいものですね、


・・と、チカラ技でまとめたった(笑)






copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。