little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カルマ
更新再開(早!)
浮かんできちゃうので、
表現しないと具合が悪くなりそうになってくるのでとりあえず書く!(笑)


今日は台風で京都ベジタリアンフェスも延期になったみたい。
各種イベント主催されていた方々のお気持ちお察しいたします(><)
そして各地に被害がないことをお祈りしますm(_ _)m


私は小さい頃から嵐(←アイドルグループじゃないよ)が大好きで
暴風雷雨だと外に出たくなる、という奇妙なクセがあります。
なんだかわくわくどきどきして、エネルギーが満ちてくるんです(笑)
(もちろん被害がないことを祈るのですが、脳の別の場所が喜んでる。)
嵐が好きって、私がヘンなのか?と思っていましたが、いままでの人生で
「わかるわかる〜!♡」という人に2、3人会いました。
いつかそういう人達を集めて、嵐のなかで
びしょ濡れで歌い踊る会、てのををやってみたいな
と密かに夢描く、Little-treeです(笑)
興味ある方は、Little-treeまでエントリー希望と同類であることを
ほんのりお知らせください。(笑)


今日は中秋の名月です。
しかも満月。
きょうはきっと雨雲さんの向こう側、見えないけれど、
いつも見守って、闇をやさしく照らしてくれてるお月さまに
ありがとうって、思いを馳せましょ〜!(^ー^)/





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ーカルマー






悟る、とは、

つねに完全に気付いていること



それは〜観る〜ことからはじまる



カルマの果実には

「苦しみ」や「喜び」といった名札がついている



「苦しみ」の果実を完全に〜観る〜なら

それは〜気づき〜となって

魂の食べ物となり、喜びに帰る。



「喜び」の果実を完全に〜観る〜なら

それはさらなる、喜びを生む。



魂の本質は、喜びだから。




それがいまだ

(「苦しみ」の果実を避けようとするあなたの)

カルマの木の根元に、

埋められている、黄金の秘密。





R8237518.jpg
Painted by Aya/2011













スポンサーサイト
過去作品
さいきん知り合った方から、

過去の作品について

よく聞かれます。


ネタみたいに

「じつは具象も描けるんですよ〜(笑)」

とか言っていますが、

旧ホームページに、2003〜05年くらいの作品を

少しだけ載せていますので、

よろしかったらご覧下さい。

右のリンクからも行けます。


当時のPCもソフトも手元から無くなってしまって、

長年放置状態、文字化けしまくり

修正不可能、のヒドいサイトですが

画像はちゃんと見られます。

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

http://www.geocities.jp/nomatribe/tableau.html

(リンクページの画像をクリックすると、

 さらに何枚か画像が表示されます)




今月はもう、ブログをばんばん更新してきて

facebook見てくださってる方とかは

ウザイぐらいだったかと思いますが(笑)

見てくださってありがとうございます。

私自身は、表現しつづける、出し続けるっていうのが

ココ最近のテーマなので、

楽しく更新できて、

見ていただけてよかったー!^ー^


明日からちょっとの間だけ、

都合により更新お休み致しますm(_ _)m

あたまもちょっと"言語脳”メインから

”絵画脳”方面メインに切り替えたいと

思っております(笑)



またすぐ再開しますので

見に来てください♡

良い週末を!










自分らしさ
”自分らしさ” なんてものは無い

ただ、”自分”があるだけだ


”自分らしさ”は、他人が自分を見たときに

香り立つ湯気のようなもの


もし“自分”に遭遇するなら

“自分らしさ”は自ずと香り立つ



”自分らしさ”を求めようとすれば

”自分”から離れていく。

実際の素材はないのに、

湯気だけを実現することができないように。




分析し、知識によってブレンドされた

お好みの”自分らしさ”の香水を纏うことはできるが

そこに”自分”はない。

または似て非なるもの。



ステレオタイプの装いのヴェールは

人を一時的に安心させる。

”自分”の実素材の周囲でふわふわしていれば

”自分”そのものに遭遇しなくて済むのだから。

しかも誰かの印鑑つきだ。



そして、その香水は頼るべきものとなる。

“自分”は装うべきものとなる。

・・その人にとっては。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



“自分”は装うべきものだった。

・・・以前の私にとっては。

”自分”は 遭遇すべきものである。

・・・現在のわたしにとっては。


きっと未来の私から観れば、

どちらもたいへん

ユーモラスだ ( ´艸`)




















とげぬき
棘を抜くのはちょっと痛いが

刺さったままはもっと痛い


こころの苦しみも

棘みたいなもの


棘を抜くには

よく見なくちゃいけない

とげ抜きを手に入れて

使い方をしらなくちゃいけない


棘がささったまま

絆創膏を何重に貼っても

もんだいは解決しない


いちばん大事なのは

棘は抜けるのだ

と知ることだ


棘を抜く前の子供は

抵抗するか

泣きわめく

だけど

抜けてしまえば、

痛くなくなることが

わかるんだ。


こころの苦しみもおなじ

棘はぬけるのだと

希望を持ったら

方法はあたえられる


でもいままで抜けなかった棘なのだから

ちょっと新しい方法を

試してみなくちゃいけないかもしれない



joni mitchell / coming from the cold
















私がわたしとして
今週末は

ベジフェスだ!

京都ベジタリアンフェスティバル

行けるかなどうかな?行きたいー


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




生きていることをたしかにする

唯一のことは

ー私はいまここで

私がわたしとしてやるべきことをやっているー

という、自身の内なるリアリティだ


成功 とは
なにをもって成功とするのか

評価 とは
なにをもって評価なのか


ある人は
愛されなかったことへの代償として
未来の評価を求め


またある人は
評価されなかったことへの復讐として
将来の成功を求めた


そしてときには、それらすべてに絶望し
ひととじぶんに背を向ける。

その満たされなさ
そのよりどころのなさ



ーいまここで、

私はわたしがやるべきことをやっているー

その内なるリアリティに存在するとき、

他人の評価は、草むらをわたる

優しいそよ風のようなものだ。

あなたの頬を撫で、あなたをしばし微笑ませたり

時にはあなたの髪をすこしかき乱したりするだろう。

それは全体のなかでのあなたの居場所を

あなたに知らせる定期便・・

そのようなものだ。



そのとき

差し出されるものが賞讃であれ

たとえ否定であれ

それは果実だ。



あなたはあなたの心の中に

つよくしなやかな芯が生まれるのをみる。

それは若い青竹の中心のように

空洞であかるい。

他からは見えない、

しかしわたくしのすべての中心。

わたくしが生み出すすべての生まれる

空(くう)なる軸。



評価される必要が失われ、

成功する必要が失われたとき、

歩み来るべき人は、歩み来るだろう

微笑みかけてくるべき人が、微笑みかけてくるだろう



わたし自身の導き以外

なにものにも依らずに生きることは

わたし自身が "源流" であったと知ること



いまここに生きている私の真のリアリティが

わたしのものとなったとき、

私は明日死んだとしても、よい。

ただ瞬間ごとにある、

永遠のような静かな平らかなよろこび。

私は完全にわたしとなり、同時に、

私は空(くう)として、全体に融ける。







feel1.jpg
Painted by Aya/[Feel]2004


問いかけ ② 
更新が止まりません

湧いてきたもの全部書こうとするからかぁー(笑)

ま、いいや



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そのありがとうはほんものか?



ほんとうの感謝で言っているか?



何かを得るために使ってないか?



その言葉はその心と合致してるか?



自分の恐れから、人を誉めていないか?



なにかが欲しくて、誉めていないか?



操るために、誉めていないか?




だれかがではなく、自分が使うことばのはなしだ。




あと少しで、すべて皆にわかってしまう時代になるよ


ポジティブとやらの


裏の裏まで。



すべて透明に透けて見えはじめているよ


たましいのある言葉と


ない言葉も。








問いかけ
小さい頃から

木や風や動物とお話したり

自然から学んだりできる

ネイティブアメリカンのおはなしに

ずっと憧れていました。


さいきんのわたし

なかなかいい線いってるかも?!(笑)


昨日も、何日かぶりにゆっくりお散歩して

木や草や風や蝶やじゃれあってる子犬から

いろいろ教えてもらいました。


そうしていたら心のよろこび指数も、

どんどんUP してきます


リトルトリーらしくなってきたかな? (*´艸`)゚・*:.。.



最近は、自分自身を

だいぶ信じられるようになってきた私だけど

「これだけは自分を信用しきらず、

 問いかけつづけなくては」

と思っていることが3っつあります。

これは、自分自身への問いかけ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


感謝できているか?


傲慢になっていないか?


臆病になっていないか?


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


これができていれば、

私はちゃんと

在るべきわたしで在れそうな気がします。


花を植える人

お散歩にでかけたら、

すこしのあいだに

生き物たちはまったくさまがわりしていて

とてもおどろかされる


植物たちはいっせいに穂をだし、

ひのひかりにきらめきゆれている

SH351144.jpg


収穫の季節は

同時に、種をまく季節なのだと知る

SH351147.jpg


かれらに慢心はない

収穫を期待してするわけでもない

ただうれしげにたのしげに

穂をみのらせ

また種をまく


SH351146.jpg





マンションのまわりに

たくさんのはなが植えられていて

いつも新しく次々に

美しく咲く

SH351138.jpg


花を植えるひとがいる

だれにほめられるのも期待せず

でも誰かがきっと喜ぶことを

そうぞうしてただうれしくなって

また花を植える

SH351140.jpg





わたしもわたしの種をまこう

わたしの花を植えよう

ただうれしいから

ただたのしいから

それに誰かがきっとよろこぶと

そうぞうしてうれしくなって

ただそれだけのりゆうで





re:ART 2012 出展します!
11月10日、イベントに出展いたします!

日にちはちょっと先ですが、

昨日フライヤーいただきましたので

はやめにお知らせします!!



フライヤーおもて(クリックで拡大)↓

2012年度re-artフライヤー-表

フライヤーうら(クリックで拡大)↓

2012年度re-artフライヤー-裏



***************

第六回 総合芸術祭 re:ART 2012

2012年11月10日(土)
13:00 Open(変更されました)
16:00 Close

兵庫県立三木山森林公園内 森の文化会館
(音楽ホール、展示会場、イベント会場)

入場無料!!
駐車場無料完備!!

キッズ広場有り
授乳室・オムツ変えトイレ完備

***************



場所は自然と緑に囲まれて、

メイン会場は、ガラス張りの

とても綺麗な音楽ホールです♪

すてき!



わたしは特別企画で呼んでもらっていますので

新作も出すぞって張り切っています!

作品数もかなり出す予定です。

周囲の自然の緑と、絵の色とりどりのハーモニー

どんな風になるかな?

わくわくしています。



音楽、歌、絵画、ラテアート、教室・・etc.

観て聞いて楽しんで、

ゆるーくたのしくおもしろがって

秋の1日一緒に遊びませんか?

是非是非いらしてください!

入場無料!!

授乳室やキッズスペースも完備!◎




イベントは、

なんなら当日飛び込み参加さえOKの

めちゃくちゃ懐のひろいイベントです。

プロアマ問いません、

おもしろいことやったもん勝ち!


主催の琵琶さんも、

懐のひろーいとってもすてきな方です^ー^


もし何かおもしろいことヒラメイタ方、

いっしょになにかやるのもいいですね!

参加も大歓迎!お持ちしてます☆




フライヤー(DMサイズです)は数に限りがございます。

ご希望の方はお知らせくださいね!


近々お会いする方には、強制的にお渡しします(笑)





悩みを無くすには
マトリョーシカみたいな詩ができた(笑)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


悩みを無くすには、


必要性を手放せばいい


(”こうじゃなくっちゃならない”のこと)



必要性を手放すには、


恐れを手放せばいい


(”こうじゃなくっちゃ、こうなっちゃう!”のこと)



恐れを手放すには


恐れを見つめればいい


(”なぜこうなっちゃうとおもうのか?”)



恐れを見つめるには、


まず恐れに気付かなくちゃいけない


恐れに気付くには・・


自分がどう感じているのかに注意深くなればいい。




DSC_1108_20120926054541.jpg


人と自然
昨日の夕焼け


SH351135.jpg


なんだかすごいです


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


自然の広大さや美、神秘からはなれれば



人はたちまち、自分の真実を見失う



なぜなら



わたしと自然がある のではなく、



わたしが自然だからだ。











いろめがねと商売人
なんか面白い詩が湧いてきた。


ピンクのドラゴンかな(笑)




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





-いろめがねと商売人-



〇〇がなければ幸せになれないというのは


まったく、しんじつじゃないし



〇〇があるから幸せになれないというのも


まったく、しんじつじゃない



〇〇でなければ、美しくないとか


〇〇しなければ、正解ではないとか



もう 道化はうんざり! ききあきた!




美しくないものも、正解でないものも


この世にひとつだってないじゃない。




ただあなたの、いろめがねのせいだ。



にぎりしめてる、むしめがねのせいだ。



もしくはただの、商売人だ。








shinjitu1.jpg
Painted by Aya /「真実」2004


すごく良いもの!ーたいせつなわんちゃんにゃんちゃんー
これ見て!

ワンコのおうち用首輪(手作り)と

迷子防止メダルです↓


SH350377_20120924122425.jpg


でも今日は、手作りのはなしじゃなくて

素晴らしい迷子防止メダル

のおはなし(*´艸`)



川西の能勢町にあるNPO法人 日本アニマルトラストさんを

ご存知でしょうか?


私は、阪神大震災のすぐあと、川西に

しばらく避難して暮らしていたことがあり、

そのときに知ったのが

迷子犬や殺処分になる犬猫達を保護されている

NPO法人 日本アニマルトラストさんでした。



そして3.11の東北の震災直後、

私の目下の心配は、

今度地震がきたとき、うちのワン子を

どうやったら守ってあげられるか、ということでした。


そして、被災した地域のワンちゃんネコちゃんは

いったいどうなっているだろう?と、

思っていたら、

アニマルトラストさんが震災のすぐあとから

被災動物の保護の活動もなさっていると知り、

ふたたび、本当に心ばかりですが、

寄附などをさせていただくようになりました。


しかし、震災からまた1年半以上、時が経って、

被災動物たちのことも忘れがちになります。

それに現在も、被災していなくても

殺処分される沢山のワンちゃんネコちゃんが

実際にたくさんいます。


できる支援を、していきたいと思います。


アニマルトラストさんは、

あつかっていらっしゃるグッズも

とてもカワイイ!!のでオススメです。

もちろん売上げはすべて動物達のために

使われます。



わたしのオススメは、

先ほど紹介した、迷子防止メダル!

一点一点、職人さんの手作り!!

劣化しないステンレス製!

名前と電話番号を彫り込んでもらえますo(^-^)o

うちの子のはカタカナにしましたが

アルファベットもOKです♪

メダルが届くまで、すごく楽しみで楽しみで

わくわくしました^ー^


ワンちゃん、ネコちゃんと

生活をともにされてる方には、

「うちのこ」にも「よそのこ」にも

役立つ素晴らしい商品だと思います!


最高でしょ?!


ハッピーグッズ 迷子防止メダル 犬用 shopへ

ハッピーグッズ 迷子防止メダル 猫用 shopへ


しかも送料込みでなんと1500円。←安!


こんなお手軽で、楽しいところから、

支援をはじめられるなんて、

ほんとにすごいっ!て感激します。

SH350376.jpg
装着!!って、ちょっと首輪が長かったな・・・


アニマルトラストさんでは、もちろん

随時寄附も受け付けておられます。

ネットからも、

会員登録申込や、

寄附のみ(1000円からOK!)の受付ができます!

http://www.happyhouse.or.jp/donation/


こんなすてきな活動をされているNPOさんがあるなんて、

ほんとにほんとに感謝です^ー^

会報誌を送ってくださるのですが、

ここの動物たちは、

ほんとに心から愛されて可愛がられて、

お世話をされているらしく、

とてもとてもカワイイ表情をしています^ー^


最近動物たちをもっと大事にしよう!っていう声が

まわりのいろんなところで大きくなってる気がしたので

書いてみました。


ぜひHPから、覗いてみてくださいね♪

そして、周りの人達にもおしえてあげてください♪




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


NPO法人 日本アニマルトラスト
HP http://www.happyhouse.or.jp/



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



名称未設定-1
愛犬とわたし♡



あたらしくなる瞬間

どこまでやるのかと問われている

そんな瞬間がある。


たとえ見返りなく、感謝もされずとも

どこまであなたはやりますか?と。


例えば くるしいように感じるとき

行き詰まったように感じるとき

わたしたちは そう問われる。



いままでどおりでいますか、

それとも。

いままでの範囲にとどまりますか、

それとも?


ささやかなささやかなささやかな、ささやき。



そして私たちに、えらべる道は、

ほんとうは ただひとつ。



ーあたらしさ。



たとえ今 それと反対をえらんでも、

道はなんども繰り返される。

もと来た同じ道を 何度でも 巡る。巡る。



なぜならそれは

(すでにあなたの手で書かれている)から。

あなたが あたらしきを選ぶことは、

すでに(書かれている)。



ならば、いまこの瞬間に、

ただ前に進むだけ。


この瞬間、

”わたしのあたらしいありかた”を

えらんで 生きるだけ。



そうしたら 見えなかったはずの

道が見えてくる。

雲が晴れ、はっきりと 見えてくる。


目の前を立ちはだかっていた岩が

ほんとうは ちいさく綺麗な石ころで、

それには 道案内の矢印まで

あらかじめ書かれていたことも。



感謝シテ ススメ

コチラ ガ アタラシサ

未ダ アナタガ 

一度モ ヤッタコトノナイ 在リカタ ヲ

新シサ ヲ 行動スルベキトキ

良キ ト 感ジル 方向へ

一歩 タダ 踏ミ込ミナサイ

ソレコソガ アタラシイ アナタ

アナタ ガ ミタカッタ アタラシイ アナタ



見返りも期待も執着も甘えも心配も恐れも、

傲慢も・・・

ここで 放り投げて。



ー解放。






touhi1.jpg
Painted by Aya/2003




”ジャワ影絵芝居オールナイト”
神戸港のギャラリー CAP Kobe CLUBQ2

”ジャワ影絵芝居オールナイト”を

観に行ってきました!


wayan.jpg



ジャワやバリ島の伝統的な影絵芝居を、

”ワヤン”といいます。


現地では、一晩かけてワヤンを上演しますが、

日本では1~2時間のダイジェスト版が主流で

一夜上演のワヤンは珍しいということです。

生演奏のガムランを聴きたい気持ちも相まって、

この日をとても楽しみにしていました!


SH351120_20120922232825.jpg
ワヤン。携帯で撮ったので、あまりいい写真じゃなくてすみません



ワヤンには、水牛の革を使った人形が使われますが、

とても美しく精妙に作られていて、

美しい彩色が施されています。

でもスクリーン越しに影絵を見るお客さんには

当然そんな彩色は見えませんよね。

”スクリーンの裏側は、あの世”であるとされ、

”あの世では色の付いた美しい世界が、

現世では白黒にしか見えない”、

ということを表すのだそうですよ。


SH351121_20120922232824.jpg
通常、客席から見るとこんな感じ。ダラン(人形使いさん)もガムラン楽団も、色とりどりの彩色も見えません。
今回は、スクリーンのオモテもウラも両方、ダランやガムラン楽団の動きも自由に見れるようになっていました(^-^)



お話は、主人公が、"命の水"を求めて

様々な試練に合いながら旅をしていき・・

内なる神に出会うお話。

”人間は小さなもので、

宇宙の大きな真理には到達できないから

傲慢になって自然に逆らっては生きれないよ。

でもその使命を懸命に生きなくてはいけないものなんだよ”

という教えのようでした。

それが一晩中かけて

ガムランの楽団の音色に乗せて語られるのですが、

その合間に、

ジョークを交えたダラン(人形遣い)のお話や

ジャワ舞踊も披露されます。


今回は、ワヤンの合間に、

インドのポトゥア(絵巻物の紙芝居)の上演や

アコーディオンの演奏、落語(!)まであって、

一晩中、寝袋の上でごろごろしたりしながら

楽しめました!



SH351119.jpg
SH351118.jpg
ガムラン楽団と、ジャワ舞踊。素敵だったー!私も踊ってみたいです。


SH351126.jpg
東野健一さんのポトゥア(インドの紙芝居)上演。
この方すごい!エンターテナー!子供も大人も巻き込んで、みんな大笑いの楽しい時間でした。
私も、すごい久しぶりに、お腹の底から子供みたいに大笑いしたよ!おもしろかったー!




ガムランの至福の音色を、

寝袋の上でごろごろしながら夢うつつで聞いたり、

お話が展開したら、起き上がってワヤンを観たり、

まったりゆる〜くって、同時に、豊かなじかん。

なんて贅沢なんだろ〜!って。


フードも、ベジカレーとか

インドネシア料理とかありました◎↓

120921_200834.jpg
インドネシアご飯。美味しかった


さらに朝方、公演が終了した後には、

なんと

ガムランの楽器に触らせてもらえました\(○~▽~○)У


楽団の方に、練習曲まで教えてもらって、

友人とちょっとだけ合奏(?)。たのしい〜〜〜!

太鼓とかゴングとか全部の楽器と

ぴたり合ったら、

ほんとに気持ちいいんだろうな〜〜〜

”楽団員募集中”とのことで、

あやうく勢いで”入ります!”と言うところでした(笑)



SH351128.jpg
神戸港の朝日


まだLittle-treeの頭の中には、

ガムランの音階が

気持ちよく流れています・・・・






こころとかおと
かおがにこにこしていることじゃなくて

こころがにこにこしていることが

ほんとうはだいじなんだよ。

ひとは、知らんぷりとか

まひさせるのが、だいとくいだけど。


こころがいつもにこにこするために、

いまかおが、おこったりないたりするんだよ。

こころのなかにあるものを

"ないもの"にしてしまうことは、

あなたじしんにもできないの。


知らんぷりしたら

あなたのかおと あなたのこころは

だんだんなかよくできなくなって

かおとこころが、こころとかおが

まるでとおい国のしらないひとみたいに

おはなしできなくなっちゃうよ。



こころのなかにあるものを まひさせないで

たくさんかんじて。

うれしいもたのしいも

かなしいもくるしいも。

イルカが海ふかく、のびのびもぐるみたいに

こころの海にもぐってみよう。

そうぞうしてた こわいいきものなんて

どこにもいないとわかるから。


そしたらじぶんが、なににないたり

おこったりするのか

よく、よく、わかる。


なみだとか、えがおとか

しぜんにながれて でてくるのは、

かおとこころが、こころとかおが、

ちゃんとおはなししてるから。


こころのことばを 

かおがおはなし してくれる。


そしたらこころは だんだんにこにこしはじめて

もうこんどから

こころがにこにこするばしょしか

えらべなくなるよ。


そうすれば

とおいくにの、ことばのつうじないひとだって、

みえないことばでおはなしできる。

みんなこころは いっしょだねって、

よくよく、よくよく、わかるから。



それをね、

へいわっていうんだよ。





illusta1_20120920194546.jpg
Illustrated by Aya/2004





wks. 祭 / 立体展
西天満のギャラリーwks. さんで

私が高校生のときに

絵を教えていただいてた先生が

出品されてるとのことで、

行ってきました


SH351111_20120920145351.jpg


ギャラリーは、マンションの11階

SH351112.jpg
ひょー!こわいよ(笑)


先生の作品は、以前にもブログに書いた

陶製の”ねこびと”さん↓
オオモリヨシエ ねこびと


ギャラリーの方が仰るには、

この展示会はギャラリーの10周年記念で、

Webとfacebookの公募だけで

出展者を募集されたんだって!!

ふつうは、◯◯周年とかだと

周辺の作家さん集めてされるんだと思うけど、

なんだかあたらしいなーと思いました。


発想の転換。


それでまた新たな「つながりあいかた」が

生まれそうですね。


22日まで


*******************************************
wks. 祭 / 立体展 
10th Anniversary

2012. 9/2 thu. ~ 22 sat.  pm.12 - pm.19
 ※ 土曜・最終日は pm.17 まで / 日曜は休み

http://www.sky.sannet.ne.jp/works/
http://www.facebook.com/GALLERYwks
********************************************
とどけられたもの
すこしまえ

素晴らしい本が

素晴らしいかたちで

わたしのもとに届けられました。

まだ少しずつしか読んでないけど、

涙したり、

自分の内側の鐘を打ち鳴らされる気持ちになったり

もしくはお寺の鐘の中に入れられて外から

ごぉぉ〜ん・・ と鳴らされてる気持ちになったり

(どんなだ)

しています^ー^

そして”その本が届けられた”できごと自体にも

内なる鐘は打ち鳴らされています。

いまの私だからこそ、とどけられ

受けとれたと感じたから、

こんな詩ができました。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



ーとどけられたものー




それがどのようにもたらされたか


どうか私にお尋ねくださいませんように


わたしの稚拙なことばでは


とても言いあらわせないので




ただわたしは觀ています


壮大に立体的に織られた、この世界のタペストリ


または荘厳に金や赤や緑で彩られた立体曼陀羅のように


時代も空間も超えて包括して在る、


無限の無限の無限の・・仕組みを。




そしてわたしは観ています


素晴らしい音楽には


あるべきところにあるべき音があるように、


そのタペストリには、


あるべきところにあるべきようにあらかじめ


ひとつの優しい結び目が織り込まれ


いまわたしがそこに導かれ、


恵みとしてこの身に経験したことを。




それをもたらしたそのひとと


それだけでなく


その仕組みのタペストリのすべての糸に、


ただ"感謝"が、静かに熱く爆発し、


拡がっていく音を聴いています。





新作 空を描きました
空を描きました。

ひさびさの大きめ20号サイズ

写真うまく撮れなくて、
ちょっと光っちゃいましたが(> <)

気に入っている作品です♪


(クリックで拡大します)


R8237748.jpg

キャンバス
アクリル絵具・顔料







エゴと共感
きのうの友達との話のつづき

友人(彼女もアーティスト)がいう

ハートが満たされたら、
たべものでも、ものでも
すこしのもので満足できるよね。

でもいま、
たくさんの人がいっぱいものをつくって

たとえばアート産業もいっぱいつくって売る
フリマでもみんなが手作りでいっぱいつくって売る、
みたいなのがはやっているけど、

そういうのってどうなんだろう
”って。
考えすぎかな”って。


ううん。
私もそれは何年も何年も、
ずっと考えて悩んできたよ。

自分がつくり出すもの
とくにわたしの絵画なんて
粗大ゴミを増やしてるだけなんじゃないかって(笑)


たとえば最近は天然石のアクセサリーが
すごくはやってて、
はやりすぎてて、
人間の欲とエゴのために、
地球からあまりにもたくさん取られて、
遠いところから取ってこられて
売りさばかれてるんじゃないかと思って、
わたしは「自分の開運(笑)」のためには
買わなくなりました。


そんなふうに、私が使う
絵具にしても
キャンバスにしても
地球からもらっているものなのに
こんなにむだにつくり出して
どうするんだろって。
すごい悩みました(笑)


でも、間違いなく、
にんげんには表現したい強い強い欲求がある。
表現することは解放につながる。


そしていろいろ考えて、
表現に関して、
いまは、わたしはひとつの
明確なビジョンをもってます


きっと自分含めて人間の意識レベルが上がって
全共感できるようになれば、

いま人々の一部分だけで共感しあっている
アートや音楽も
みんなが全共感できるものになって
わたしのひょうげんはあなたのひょうげん
わたしのおんがくはあなたのおんがく
そしてみんなのひょうげんになって
純粋な表現活動になる

そしてお金に依存する消費社会が変わって、
作品をCDやタブローとしてカタチに残して
売る必要がなくなれば

絵画だって立体作品だって建築だって
そのほかの商品だって
人間がエゴからはなれれば
身近にある地球に害がない
サステナブルな素材で作られ、
最終的には自然に帰される、筆者匿名の
たとえばチベットの砂曼荼羅みたいになるだろうと。
そしてほんとうに表現や幸福に
必要なものだけ作られるんだろうと。

そしてアボリジニみたいに、
”しごと”と”あそび”が
おなじ単語になっちゃうだろうと。

音楽も、CDに残したり、
「わたしのつくった音楽、きいてきいて」
ではなくて
詠唱的なものになり、
みんなの音楽になるだろうって。


私はいつか、そこに行きたいなあって思っています。
「全共感」の表現。
私の夢です。
でもはっきりその、
「全部、全体がつながるイメージ」が
ヴィジョンが見えています。


でもいま、この段階では、まだ私たちは、
エゴの表現をやらなくちゃいけない、
そこに行きつくために。

自分の表現を、まったくの心理的ブロックなしに
表現できるようになってはじめて、
たぶんみんなと全共感できるものが
生まれるんだろうと思う。

自分を深く深く掘り下げるためにいまは
エゴをやっているのじゃない?

一部は全体をあらわし、
全体は一部にふくまれてるんだから。

自分の核に行きついた時
きっと全体につながる。ばあーん!って

そんな話をしました。


そんな込み入った話、
本気できいてくれて
一緒に話せて共感し合える友人が居て
ほんとに良かった(T T)

そして、
私の夢のはなしを

読んでくださった方々

ありがとう m( _ _)m


SH350597.jpg
Painted by Aya





ピンクのドラゴン
きのう、見知らぬ町の店先で

1個だけ不思議に存在した

ドラゴンフルーツを秒速で衝動買い


SH351102.jpg



見知らぬ町で

光り輝く雲をみつけて写真を撮って

あとで見たら、

雲じゃなくて、

光り輝くピンクのドラゴンが写ってた(笑)



SH351099.jpg



友人の友人てづくりの、

パワフルなベジご飯をいただきながら

友人がくすくす言った。

「いまね、

litte-treeの、いい子ちゃんの部分がなくなったら

どうなるかなっておもった( *´艸`)」

どうなるの?って聞いたら

「うーん、内側から色とりどりに

いろんなものが湧きだしてる

噴水みたいな人になる。」 だって。



うん、なんかわかるな。

うんうん、そうだね。

いい子さんでのんびり生きてきたと

思われがちだけど(笑)

じつは、

そんな人生はあゆんでいないのだ(笑)



もっとクレイジィ出していいのかな

そろそろ”いい子さん”模様の包装紙外して

それはわたしの中の、

ピンクのドラゴンみたいな部分?(笑)


そんなこと思った。



それで昨日は、かえりみち

環状線からおっきな虹もみた。

たてものばかりで、写真は撮れなかったけど









新月


月のない真夜中に

たったひとり

川と海の出会う場所へいく



ここならば

ときに空をなつかしみ

空にあこがれるこの魂も

あたたかい波の音がなだめてくれる

いちばんやさしい速度で

いちばんやさしい間隔で



湿った風がわたしの肩を抱いて

その腕をからめて

わたしを揺すぶる

”さあ、それでもまだ、

ほほえんで行けるのだよ” と



だってきょうは新月

なにかが見えなくなったように感じるときも

あたらしい音楽は遠い遠い場所ではじまっている

まだ聞こえないピアニッシモで



だから、

まためぐってきた

このなつかしい

深い深い孤独も

捧げるようにそっと

宇宙の循環にあずけよう


それだって、かみさまからのおくりもの

おおいなる宇宙の季節風の

ちいさなちいさなひと吹きなのだから



そう、だからこそ、また

ほほえんで行けるよ



涙のおわり

は、

ほほえみのはじまり

みわたせば、星も輝いている。



ao1_20120917004048.jpg
Painted by Aya /2003年






Here comes the sun/ あるたとえばなし
"Here comes the sun" Nina Simone

こころがひろがっていくみたいな音楽↓





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜あるたとえばなし〜


心が開いていくとき
それは、ときに痛んで
引き裂かれるように引きつり、

わたしは
灌木の陰に膝をつき、
その足下の粗い砂地に涙をこぼして
それがぼつぼつと夕立のように
世界の色を塗り替えるようなこともあったのです。

この喉に、
乾いた砂漠の風が啼き、
熱く焼けつくようなときもあったのです。



愛すべき人を愛するとき
わたしはわたし自身に問われる。
それでももっと、その窓を開くのか。
それとも
古い錆びた錠をがつんとかけて
ほの暗い蔵の片隅に、
痛みや歓びもろとも、布をかけて埋葬するのか。


そう、
わたしにとっての真実の美を
これは美なのだと、はっきりと決意するとき、
わたしの感情は流れ出す


それが呼び起こすものが、ひとときは、
傍若無人な嵐のように感じたとしても


”あのひとが” では無いと知り
”だれかが” では無いと知り
すべてがわたしの生のただなかに在るのだと知り


渡り鳥が地上に映る自らの影を見るように
みずからの幻影を見つめ、
それに名前を捧げて、そっと空に送りだしたならば


わたしは、
”ああ、嵐の中にさえ、微笑みながら、
はだしで静かに立つことができる”
と知るのです


そしていつしか
ひととき嵐のよそおいであったものも
甘美な恵みの雨
すべてを大きな手でなでている
やさしい風だったのだと知るのです


振り払い 立ち去るのでなく
すがりつき 追い求めるのでなく
ただ透明に、
わたしのえらんだ美をよろこび讃えながら、
そこに在り続けるということそのものに、
オパールのようにやさしく輝く宝石を見るのです



ーそして

わたしは 暖炉になる
わたしは 日射しになる
わたしは 甘い果実になる
わたしは 赤い大きな一輪の花になる

よろこびで咲く



笑顔のふりなどやめなさい
たとえば痛みからも
たとえば官能からも
歓びは産まれるのだと知るなら
よそおう必要など、なにもないのだから





ーそしてわたしは

「これこそが 、
わたしの真実の美だ」と
決意させてくれたほどの、

愛すべき
”わたしの真実の美” に、

こころからの
感謝と讃美のうたを贈ろう



DSC_1165_20120915102611.jpg




!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! Information !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


明日16日
こんな素敵なイベントがあるそうです!

犬、猫好きアーティストが集結し、ペットの殺処分0を目指すミュージックイベント
『&PETS project HAPPY MUSIC FESTA ~Toward ZERO~』

@大阪 / 服部緑地・野外音楽堂
出演者;トータス松本・スガシカオ・BonnyPinkほか・・

ライブ有料・マーケットは入場無料だそうです。
私は予定があって行けないけれど、お時間在る方はぜひ♪

くわしくはこちら↓
【HAPPY MUSIC FESTA】 2012

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!









はちきれそうなもの
きのうも


だいすきなひとたちと

でかけてきたよ


名称未設定-1


みどりと太陽の光のなかへ


DSC_1306_20120914162600.jpg



風の便りや水の癒しや

目には見えないささやきに

すぐ手が届く場所へ



〜〜〜〜〜〜〜〜〜





いま、はちきれそうなもの 



あいするひとがたくさんで

だいすきすぎてうれしくて

たたえたいものもいっぱいで

ときどき、

このわたしのちいさなハートには

入りきらないような気持ちになるよ。



せつないようなかんじは

あちこちひっぱられて

はりさけそうなハートからのサイン。

わたしはここで

もっと大きくなりたいって。



わたしのハート

そのなかに

もっとたくさん、

ふわりと包みたい。

もっとふかく、

ふわりと包めるように。

もっとひろくおおきくなあれ!

うしろもまえも、みぎにもひだりも

もっともっと奥のほうまで

もっと透明に、あかるく、やさしく・・。



ねえ

まだそこに残っているよけいなもの、ぜんぶもう

秋めいた蒼く透明な気流に乗せて、

このおおきな宇宙の

中空の光り輝くあわのなかに、

さよなら、って解き放つからさ。
















光の惑星の上で
昨日生まれた 新作

R8237735.jpg

アクリル絵具/顔料/ペン
キャンバス

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





わたしはいま


枯れ葉のなかにも


色とりどりに色をみる。




光の惑星の上にて


ここにこそ顕現された美。




空の中に言葉を読む人と


同じ源流を持つ


神聖なるちからは


まるで昼間のこどもの夢。


(ほとばしる!ほとばしる!それは歓び)




誰しもの内に眠り


思い思いの美しい方角に首を伸ばして


目覚めを夢見ている龍の寝言を


あたまのすぐわきでかすかに聞くとき


私は気づく。




ーああ、そうだったよ。


それを何とみなすかは


そのあなたにゆだねられている。



そのことさえも、


(それが大きな恵みだと知るならば)


この光の惑星の上でこそだと。






糸に


魅せられて



ちくちく


糸細工


R8237730.jpg


R8237731.jpg



いと をかし


って、


おばあちゃんのジョークみたい(笑)






予感。と、FIXなじかん。
これから、


あたらしい流れが


またやってくる



ような、気がしてる。




予感。




すこし未来から


うしろをふりかえるみたいに


いまをみているわたしがいる。








それとも


こうやって


あたらしい未来を


いま自ら


つくりはじめているのかも。





過去と未来の、橋をわたる


小川のすこし澱んだ水溜まりのような


空間時間。




ゆめうつつに


わたしのなかの


だれかがつぶやく





もうすぐ新しい流れが


やってくる・・・・。



予感。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



いま

いろんなものをFIXしたり

メンテナンスしてる




お知り合いの方が

ずっとほったらかしだった

これを

SH351071.jpg

思いがけず

直してくださったりとか。





ちょっと混沌としてたこれを

SH351074.jpg

整理したり

ひつようなのはバックアップ取ったり・・・。




からだも、

突然眠くなって

泥のように眠ったりとか(笑)



なにか


あたらしいながれの前の?


FIXな時間。











People get ready

感じたままに行動するのに

つい"理由"がひつような気がして

道の真ん中でふとたちどまって

あれかこれかと考える。



「”まっとう”な"理由”さんよ、どこですか?」

知識のタンスをごそごそ探り、

奥のほうから引っ張り出して、

針と糸と、ボンドを片手に

さてどうくっつけようかと首をひねって、

疲れて今夜は寝てしまう。



あーあ、

いったいどれだけの

時間をつかって

こころをつかって

おんなじところで

足踏みするのか



こころがぴょんと動いたら

なにもくっつけるひつようなしで

自然に足がでちゃうみたいに

ただ無心でこぎ出せたら


車輪はぐるぐる回り出すよ



なんてシンプル!

なんて情熱的!

なんて解放的!




おわかれを言おう

"まっとうな、理由さん”よ

さようなら




生きているのに

説明責任はいらないの

自分が自分であることに

証明なんていらないの




感じた瞬間、もう準備はできてるよ

ほんのちょっとの"信頼"だけを

ポケットにいれてさ



あのひともこのひとも

いっしょに乗せてあげるんだ

おんなじように感じるならば

特急券はいらないよ



一歩一歩感じるままに

さあ、スピードあげて!!



R8234031_20120910043116.jpg




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



大好きなアレサ Lady Soulより

"People get ready" Aretha Franklin







People get ready, there's a train comin'
You don't need no baggage, you just get on board
All you need is faith to hear the diesels hummin'
You don't need no ticket you just thank the lord

People get ready, there's a train to Jordan
Picking up passengers coast to coast
Faith is the key, open the doors and board them
There's hope for all among those loved the most
There ain't no room for the hopeless sinner whom would hurt all mankind
Just to save his own
Have pity on those whose chances grow thinner
For there is no hiding place against the kingdoms throne

People get ready there's a train comin'
You don't need no baggage, just get on board
All you need is faith to hear the diesels hummin'
You don't need no ticket, just thank the lord.












たからもの
これは どんぐり

R8237727.jpg


でも、ただのどんぐり 


ではありません!!




わたしの今の、たからもの〜♪(^ー^)





ひとからみれば、どうってことないものが


じぶんにとっては、たからものになっちゃう時がある。



そういうのがあって、


生きてるって、すばらしいんだなあ!


なんて、思うんです。



生きてることの


かけがえないギフト♪










告白
DSC_1001.jpg
"月" painted by Aya



わたしがほんとに欲しいものは


旅するように、生きていたい

ただそれだけのことだった


この地球、ひとあしひとあし

生きてることを、ひとときごと

ただ讃えたいだけだった


”明日、どんな新しい景色が見れるだろう

今日もまた、どんな素敵なことに出会えるだろう”


”いま、わたしは、この惑星を、

風のように歩いている”・・・

そんなふうに





たくさんのひとたちが、

身につけなさいと教えてくれたたくさんのこと

それをわたしはよく知らない

身についたのに、ほんとうのところ、よく知らない




わたしが旅するようにあるとき

「わたしはこれを知っている」と

切実に、それをなつかしく想い出すのです

これがほんとうに、生きることだと知ってる、と

こころのずっと奥底で、確信するのです




だから操作はもういらない

ぜんぶわかっているから

あなたのやさしいきもちもしんぱいも

こうすればこうなるとか

ああすればあとでどうとか



ただ素直にありたいだけ

わたしたちが知っていることについて

ほんとうは知っていることについて。



わたしたちが感じることすべて

わたしたちが知ることすべて

それは想い出しているだけなのだから。



いつか誰しも、さよならと手を振るときが来るなら

このひととき、

その心配を、昆虫の抜け殻みたいに傍らに置き去って

一緒に踊って!

一緒に歌って!

全身全霊で



わたしの願いはただそれだけ

わたしももう、そうするから



わたしたちが出会えた

最初で最後の、この刹那

百万年を超えて、まちわびたこの刹那

一緒に想い出すなら

それは、永遠の刹那になる



その眼をもつあなたなら、

わたしのことばがわかるはず

輝く惑星の眼をもつあなた。

ことばさえ、こえた場所で。





copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。