little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行かなくちゃ
こんなに

春みたいな暖かい日が続くと、

私の中の「どっか行きたい」虫が

騒いで騒いで仕方ありません。


さて、私とした事が

チェックし損ねてましたー。

大阪歴史博物館で

こんなのやってます。

じゃじゃん

特別展「聖地チベット ―ポタラ宮と天空の至宝―」


00551.jpg
6年前のポタラ宮


私がチベットに行ったのは、

もう6年前ですが、

すでにポタラ宮周辺からは、

いろんな政治的歴史的背景で、

無形の生きた文化的活動や、

それを支える民族的な要因は

1部を除いて排除され、

なんとなく抜けがらみたいでした。

ポタラ宮も、美術館か遺構のような、

観光資源としての扱いのように感じました。

それでも、物質的な有形の文化財において、

チベット文化の独自性と素晴らしさは

そんな中にも見る事ができました。

この展覧会でも、

きっと大きな感慨と

インパクトをもたらしてくれると期待します。


忘れたくないのは、

チベット文化は過去のものではなく、

チベットの生き生きとした文化活動や仏教信仰は、

聖なるチベットの地でもう一度息づき、

人々の信仰や表現の自由をもって

継承されていく事を切望しつつ、

現在も場所を違えて時を刻んでいるのだろう、

ということです。

仏像は、信仰の対象として創られるのでしょう。

そして、当の文化の当事者の人々は、

それを自分たちの手で維持し、

自由な意志によって

信仰の対象として保持したいと

思っているのかもしれませんね。



・・と、思いを馳せてみる(笑)


ちなみに、
チベットの文化的歴史的実情を知りたい方は、
こちら等が詳しいです。



展覧会情報
「聖地チベット ―ポタラ宮と天空の至宝―」展
 平成22年1月23日(土)~3月31日(水)
 @大阪歴史博物館


[行かなくちゃ]の続きを読む
スポンサーサイト
神戸ムスリムモスク
神戸モスク(回教寺院)の存在を知ったのは
かれこれ8年ほど前だったんじゃないかな。

気になりつつ、
今の今まで行った事なかったのですが、
ついに行ってきましたよ。

という訳で、久々に濃い内容(笑)

kobe-mosque.jpg
こちらが神戸モスク。
ご覧の通り、
電線のものごつい束が
何処から撮っても邪魔することにより、
良写真スポットはナシです。
異国情緒ちょい台無しです(泣)。

さて、神戸ムスリムモスク
第一次世界大戦後1935年の10月に開館し、
戦時下の空襲も阪神大震災にも耐えたそうで、
頑強な構造の建築なんですね。
丈夫な地下室もあるらしい。
(そして経年の味がでてますねーいいかんじ)

ご覧の通り、外から見ると、
2本のミナレット、後方に一本の小塔を備え、
中央の礼拝堂の上部に当たる部分には、
ドームが架かっています。


kobe-mosque14.jpg
正面ファサードはアーチ壁になっていますが、
ペルシア風のイーワーンとは趣を異にしていますね。
このモスクを建築したのは
インド人貿易商達だったということですから、
インドでイーワーンの変質として定着した
アーチ壁の形式に近いと言えるかもしれません。
また全体のフォルムもちょっとインド的ですね。

kobe-mosque12.jpg
正面には、立派な木造扉がありますが、
ここは閉まっていて、
モスクに入れるのは、建物後方左手の入り口からです。

そのモスクへの入り口は、
イスラム文化センターと共有になっています。
イスラム文化センターは、
モスクとつながってますが別の建物で、
イスラムのクラスが行われているようですよ。


入り口横には、モスクには欠かせない
お水がちゃんとあります。
kobe-mosque9.jpg
その横の棚みたいなのはdonationの箱です。
イスラムでは、喜捨は大事な義務のひとつだそうですね。

kobe-mosque11.jpg
礼拝用時計も見えます。

モスク側に進むと、
1階が男性の礼拝室、
2階が女性の礼拝室となっています。
kobe-mosque4.jpg
男性用礼拝堂入り口

kobe-mosque5.jpg
2階の女性用礼拝室入り口

kobe-mosque6.jpg
2階の女性用礼拝室

2階から見たモスク内部
kobe-mosque7.jpg
ミフラーブや内装の感じは、
ちょっとトルコのモスクを思い起こさせるような・・。
ミフラーブは、お祈りをする時に向かう方向を示す、
壁のニッチのことです。

ところでミフラーブのあるキブラ壁は、
マッカの方角を示すのですが、
ここからだと西向きとなります。
ところが神戸モスクの建物の正面軸は北向きです。
つまり、建物正面から、右に90度振った方向に
祈るわけですね。
こういうのはすごく面白くて、
例えば同じような集中式のキリスト教聖堂建築などでは、
建物に対して横向いて祈るというのは、ちょっと
考えにくいんじゃないのかなー、と思いました。

で、そのキブラ壁のミフラーブは、
イーワーン型に壁をこそげるように、
外向きに張り出してるわけですが、
建物の外から見ると、
そこにはこんな風に
ミフラーブ背面の出っ張りがありました。
kobe-mosque3.jpg


kobe-mosque8.jpg
ミフラーブの横には、
ミンバル(説教壇)が。
モスクランプもあります。

建物内の天井はなぜかドームになっていません。
(伝統的なドーム架構では、
 基部からドームへの移行部分の構造が
 建物内側からも見て取れます。)
外から見ると、ドームが架かってるんですが。
天井は太い梁が組まれて、
なんだか西洋近代建築の天井みたいです。
実はこの上に、まだ3階の層があって、
祝祭日の宿泊室として使われてるということです。

つまりここでは、ドームは構造の一部から逸脱して、
イスラム建築としての一種のシンボルとして
装飾的な意味合いで、
建物の構造から独立して使われているのでしょうね。

神戸モスクのHPには、トルコ伝統様式の建物、
とありますが、
私個人的には、トルコ風とかインド風とかの折衷、
という感じに映りましたよ。


神戸モスクは観光地にもなっていますので
私が行った時も、何人もの人が
建物をカメラに収めていました。
でも中まで入る人は少ないみたい。
イスラムに敬意を払った服装とマナーでなら、
ムスリムでなくても見学できます。

kobe-mosque2.jpg

周りにはハラルフードを扱ってるお店や
トルコ料理店、輸入食材屋さんなどもあるので、
神戸にいながらちょっと異国情緒を感じられましたよ。

※イスラムおよび建築に関しての記述は
 私の稚拙な知識の範囲内で書いてます。
 個人的な印象の記録として、
 さらっと流してやってください(笑)









誕生日の天気
自分の生まれた日の
お天気を調べられるサイトを見つけました。

48年分遡って、
過去のお天気を知る事ができます。

私は6月生まれで、
母からは
「雨だった」
とずっと聞いてましたが、

これで調べてみると、
午前午後とも「晴れ」でした・・ううむ。

興味ある方は、
調べてみてくださいね

http://weather.goo.ne.jp/past/index.html


copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。