little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本画って?!
日本画、って何?

・・というのが、結構知られてないんですよね。


ちょっと長くなりますが
かんたんに説明してみようと思います。
おつきあいいただければ嬉しいです。


私もいままで水彩、アクリル、油絵・・と、
色んな絵具を経験してきましたが、
日本画はいちばん時間と手間がかかる絵具です(T - T)

えーじゃあ、なんで日本画やってるんだ~?
と言われそうですが、
私の場合は、日本画の岩絵具の色が美しいことです。
岩絵具の色を知ってしまうと、
他の絵具ではどーしても物足りなくなってしまいます。
あと、独特のざらっとした質感も。

R8234498.jpg


現在では、絵具の原料の天然石が不足し、
天然の岩絵具は、かなり高価です。
でも人工では作り出せないものが
自然のものにはあるようで、
天然の絵具はうっとりするほど美しいです。


では具体的な説明を・・↓

《絵具について》

R8234503.jpg



日本画の絵具は、「岩絵具」
という、粉末状の絵具を使います。
これは、貝や天然石を砕いたものです。
ですから色の名前も、
瑠璃末、珊瑚末、紅玉末、黄土・・
なんていう名前がついていたりします。
ほかにベンガラ、朱、藍、紅・・など、
おなじみの染料の色もあります。

粉は、粗いものから細かいものまであります。
同じ絵具でも、粒子が荒いものは濃い色
粒子の細かいものは薄い色になります。


R8235324.jpg

(岩桃 左から白番、10番、7番)
      細かい ⇔  粗い 


これを絵具皿に入れて、
ニカワという動物の脂を煮溶かしたものを混ぜ、
液体状にして使います。

ちなみに、絵具は混色できません。
パレットで混ぜて色を作るのでなく、
単色を画面上で、一色一色塗り重ねることで、
複雑な色やグラデーションを表現します。
(使う色の数だけ絵具皿が要るので、
描いてるとき周囲がお皿だらけになります・・。)



《描き方について》

岩絵具の場合、
いちど塗った絵具の色は、
重ねた絵具の色に影響し続けます。ので、
例えばアクリルのように修正が効きません。
(例:黒に塗ったところを、赤色にしよう・・
と無理にかさねて塗っても、汚いエンジ色のままです)

ですから、デッサンをしたあと、
本紙に直接描きはじめることは、基本、しません。

まず、「草稿」というのですが、
本紙とは別の紙に、
本紙と同じ大きさで下書きを描きます。
これは色をつけず、線書きです。
この草稿のときに構図を決めてしまいます。

そして「小下図(こしたず)」という
色付きの縮小版の下書きもして、
このとき、ほぼ色合いを決めてしまいます。

本紙はおもに、麻紙という和紙を使います。
そのままでは絵具が乗らないので、
ドーサ引き、というのですが、
ニカワ・みょうばんを塗り、
撥水処理をします。

ドーサ引きをした本紙に、
「草稿」を写し、墨で線書きします。
そこからやっと、
絵具での色付けがはじまります・・

こういった手順を経て、作品はできあがります。


(私の昨年の作品)
このお花が・・
R8234474.jpg



・・こんな絵になりました
R8234477.jpg





私の場合は、絵の方向性や、時間的な問題、
出したいマチエールなどの理由で、
今ではこのとおりにはやっていません。
今はほとんどキャンバスに描いていますし、
ニカワでなくほかの溶剤をつかってます。

でも、岩絵具の色の美しさや
ざらざらした有機的な魅力を損なわずに
自分の表現にしていきたいと思って描いてます。

PCのディスプレーでは、残念ながら
色や質感は伝わらないですね。
私の作品を生で観てもらえるときには
そういった岩絵具の良さやおもしろさも
感じてもらえたらとても嬉しいです。



スポンサーサイト
クシマクロビオティックアカデミー basic 通信教育 終了講習
行ってきました、日帰り東京!!

往復新幹線は、さすがに
お尻(坐骨神経痛)が痛くて死にかけました。
なーんでエアーで行かなかったのか??
と自分に突っ込みつつ。。。

そんなこんなで、
クシマクロビオティックアカデミーのBasic
通信教育課程を無事終了いたしました。(祝)

こちらが修了証↓
R8235318.jpg


クシ、とは久司道夫さんのことで、
マクロビオティックを世界(アメリカ)に広めた、
現在のマクロビオティック第一人者、
という感じでしょうか。

そのクシマクロの学校が、
今回私が行ってきた、恵比寿にあるこちら↓
R8235316.jpg

思ってたより小さい施設でした。
1階がカフェ、2階がクッキングスクールになってます。

今回の終了講習では、限られた時間での
レクチャー+実習+講義
ということで、かなり駆け足で進めた感じ。
実習メニューも基本的なものばかりなので
いままでDVDとテキストのみで作っていたのを、
「あ~間違ってなかったね」
と確認する感じでした(笑)

・玄米ごはん
・季節の野菜のおすまし
・小豆かぼちゃ
・アラメの煮物
・季節の蒸し野菜 かぼちゃの種のドレッシング添え
・豆腐チーズケーキ
以上6品
R8235314.jpg


行くまでは、先生とかスタッフが、
絶対的マクロビ信仰!な感じで
怖かったらどうしよう・・
なんて思ってましたが(笑)
わたしの取り越し苦労&不安とは裏腹に、
「マニアックなことはともかく、
 まずは美味しいのが一番です!」という
すてきな先生だったので、
わたくし、ほっとして嬉しかったですよ。

講習を終えたあと、ほんとは東京のマクロビカフェに
寄り道したかったんですけど、
なにせ日帰りだったため断念。
かわりに新幹線に乗る前に、品川のリトルママン
マクロビケーキをお土産に買ってきました。
リトルママンは心斎橋ママンテラスの支店なので、
なにもわざわざ関東で買う必要はないんですが(笑)
まあ細かいことはいいじゃない~
やっぱりママンのデザートはすごく美味しいでした♪

以上、日帰り遠征(?)& 卒業報告でした

ブルーノ・ムナーリ 「木をかこう」
わたしの、絵の”師匠”からもらった絵本

kiokakou.jpg

ブルーノ・ムナーリ 「木をかこう」


ブルーノ・ムナーリのイラストと
楽しくユーモアあふれる語り口で、
子どもから大人まで
すべての人が楽しめる絵本です。

[木を描く]という 
いたってシンプルな題材ですが、
「絵が描けない人」にも現役デザイナーにも、
新たな気づきを与えてくれます。


この本に関しては、
ただ子どもの様に
目をきらきらさせて読むこともできるし、
デザインや造形について
難しい議論をすることもできるでしょう。


ただ、ひとつ確実なのは
読んだ誰もが
明日から、いつもの道の木を
じいっと見上げてしまうに違いないことです。


私のタカラモノがまた一冊増えてしまいました


**************
ブルーノ・ムナーリ
(Bruno Munari 1907~98)
美術家、グラフィックデザイナー、
プロダクトデザイナー、教育者、研究家・・
と様々な顔を持つ世界的な造形家。
あらゆる分野で、実験的で
ユーモアあふれる仕事をしています。


Tom Waits [Closing Time]
さいきん、またこれにはまっています↓


Tom Waits [Closing Time]
closingtime.jpg



だいぶ前に知人に教えて貰った良CD。
また引っ張り出してきて聴いています。

・・・名盤。

トム・ウェイツの1973年のデビューアルバム。
彼のCDの中でも、甘くてメロディックで感傷的。
ワルツ、カントリー、ブルース、ジャズ・・
と曲調は多彩で佳曲ぞろい。
渋い中にも、とてもチャーミングさを感じます。

夕暮れから夜明けにかけて、
映画のワンシーンのような感傷に浸るもよし、
[Grapefruit Moon]で泣くもよし。


え、トム・ウェイツこれ作ったの、24歳?...


甘酒をつくる
さいきん、友人たちの間でも
マクロビに興味を持ってる人が
結構多いことが判明☆

というわけで、マクロビ的なことも
ちょっとずつ書いていこうかな、と。
私もはじめて一年あまりなので、
初心者レベルですがご了承を・・。

今日は玄米甘酒の作り方。

 マクロビでは、精製した白砂糖は採りません。
 では何から甘味を採るかと言うと、
 野菜・果物の自然な甘みを引き出したり
 穀物から作られた米あめ、甘酒などの
 より自然に近い甘みを使用します。
 強い甘みが欲しい時は、
 メープルシロップ・甜菜糖も使用します。

 お砂糖やめるの~?無理~!
 という声が聞こえてきそうですが、
 ご存知“お砂糖漬け人間”みたいだった私が
 自然な甘味の美味しさを知り、
 今では「お砂糖は甘すぎるな~」
 などと思っているくらいだから大丈夫です。
 徐々に無理なく、ゆっくりいきましょう!
 お砂糖を控えると、とても味覚が敏感になりますよ。


甘酒は自分で、なんと炊飯器で簡単に作れます。
そのまま甘酒としても美味しいですが
マクロビでは、スイーツ・ドレッシングなどに
大活躍します。
大根/小蕪などを甘酒漬けにしても美味しいです。

↓↓↓↓では作り方↓↓↓↓

まず玄米1カップに
水5カップと塩ひとつまみを入れ
お鍋で50分ほど炊いて玄米粥を作ります。
okayu.jpg


玄米粥が60℃くらいに冷めたら
糀(こうじ)2カップを加え混ぜます
koji.jpg

↑糀(こうじ)
糀はできれば玄米糀がいいようですが、
白米のなら普通にスーパーでも売っていますし、
私は今はここのをつかってます。

糀を混ぜた玄米粥を炊飯器で保温↓
hakkou.jpg

糀の発酵には、60℃~65℃くらいが最適
温度が上がりすぎるようなら
濡れ布巾をかけて蓋を開けるなどしてください。
温度は低すぎると酸味が出るし、
熱すぎると甘みが出ません。
時々かき混ぜて様子を見ながら育て(?)ましょう
だいたい6~8時間の発酵がめやすです。

好みの甘みになったら、
鍋に移して塩ひとつまみを加え
沸騰させて発酵を止めます。
netushori.jpg


これで甘酒の素、完成↓↓↓
amazake.jpg


冷めたら冷蔵庫で保存、
小分けにして冷凍してもいいです。
甘酒として楽しむ時はお好みの濃さに薄めてください。

甘酒作りは時間がかかりますが、
時々様子をみるだけでいいので
お休みでお家にいるときやってみてくださいね
楽しいですよ~
マクロビオティック 梅雨時期の食べ物
梅雨ですね。

今年は毎年に比べて、湿気が身に堪えます。

腰痛も悪化気味で、あんまり調子がよろしくないです。

というわけで、マクロビオティック的な
梅雨時期の食事法を調べてみました。


●暑いですが、梅雨寒という言葉もあるほど、
カラダが冷えやすい時期です。
豆腐や果物といった、陰性の食品はほどほどに、
穀物中心の食生活を維持しましょう。
玄米ごはんが重たく感じる時は、
圧力鍋の玄米ごはんよりも、土鍋炊きにする、
大麦やはと麦を2割ほど混ぜる、など
軽めの調理を心がけます。

●出回る旬の野菜が少ないこの時期、
副食には高野豆腐や海藻などの乾物を、
上手に取り入れましょう。
太陽の光をあびて「陽」の気が豊富な乾物は、
湿気で陰性気味のこの時期にぴったり。
気候の変化で消費しがちなミネラルも豊富です。
高野豆腐や豆製品は、タンパク質豊富で、
体力を消耗しがちな季節に良いです。

●(中医学的には)カラダに余分な水分があると、
空気中の余分な水分も引き寄せてしまうんだって!
この季節、むくみやだるさを感じる人は小豆がおすすめ。
もちろんマクロビ的にはお砂糖をいれずに調理してくださいね。

●「梅雨」というのは、梅の採れる季節だからだそうで。
もちろん梅雨に梅をいただくのはおすすめです。
梅干、梅酢は、殺菌力が高いので
食品が痛みやすいこの時期には
是非活用したい食品です。
梅干しは、マクロビ的には陰と陽の気を
バランスよく含んだ、陽性食品です。
クエン酸やミネラル豊富で代謝を促してくれる上、
お腹の調子を整え、食欲増進/疲労回復効果も。
梅しそ風味の麺類/パスタもおいしいし、
野菜の梅酢和えや、玄米ごはんで梅酢寿司もいけますよ。


以上、私がいろんなサイトや本から寄せ集めた
マクロビオティック的梅雨の食事アドバイス。
というわけで、参考程度にどうぞ・・
是非体調をみながら試してくださいね。
お買い物ミステリー
雑貨とお洋服の販売のしごとをしてますが、

ある日はカバンばっかり、
ある日はショールばっかり、
またある日はお洋服ばっかり売れ・・。

何故なんでしょう?
まんべんなくオススメしてるんですけど。。


人が「これを買おう!」って決めるとき、
絶対に理性だけで判断していないと思います。
じゃあ、その「欲しい」っていう欲求は、
一体どこからくるんでしょう?
なんで同じタイミングで
見ず知らずの人と同じものを
欲しくなるんでしょう??


「自分で選んだ」と思ってるけど、
実は見えない何かに選ばされてるのかも・・ね。
んー ミステリ~



Augustus Pablo [Original Rockers]
Augustus Pablo

Augustus Pablo [Original Rockers](1979)


この前のボブ・マーレーつながり・・
というわけではないんですが。
レゲエです、ダブです。

でも、彼の場合は、ピアニカです。わお。
Augustus Pabloの1979年の作品です。

おそらく本格的な「ピアニカ奏者」てのは、
彼が最初なのでは・・。

非常にゆる~いため、
聴く時・場所・気分を選ぶ音楽です、たぶん。

人によっては、「聴けば働く気をなくす」らしいです。
「ビールのつまみに良い」そうです。

私的には、おキラクなだけでなく、
なんかセンチメンタルな音にも感じますが。
M3、M4、M9あたりが結構好きです。



さいきん、新しいCDやレコード、全然買ってないなあ・・
なんかいい音楽、もっと聴きたいな。



マクロビオティック 通信教育
じつはわたくし、昨年7月から
クシマクロビオティックの通信教育を受講中。

受講といっても、

→送られてきたテキストを勝手に読んで、
→勝手に作り方のDVD見て、
→勝手にお料理を作って、
→最後にオリジナルメニューを1食分、
 好きなように創作して、レポート提出
 (↑採点等は無し)

→レポート提出後、
 1年間の受講期限内に東京のスクールに行って、
 実習を1回受講するだけ。

修了証をもらうのに、これだけでいいのか?!
というほど超~簡~便~・・

ああ、それなのにそれなのに・・

私めは、
1年間の受講期限ギリギリで、
先日あわててレポート提出し、
実習受講を、本日スベリコミで予約

はあ~・・・
ほんとに間に合わないかと思った~・・

というわけで、
6月末に東京まで行ってきます☆

腰を痛めて以来、
映画館や、長距離の電車、ヒコーキなど、
長く座ってなくちゃいけない場所には行ってません。
だいぶ治ったとはいえ、
新幹線大丈夫かな~(しかも日帰り)
まー大丈夫でしょう~~
最悪の場合、車内を歩いてればいいんだよね(不審??)

マクロビオティックの聖地(?)がどんなだったか
返ってきたらレポートするので、乞うご期待☆


copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。