little-treeの Tree of Life
えがく、いきること。かんじる。うみだすこわす。 旅する、遥か故郷ー今ー夢見るーいつかーここ。 道。 永遠にかわりゆくかわらないものー私。地球の上で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[未来の食卓]
日頃あんまり映画を観ないわたくしですが

続けさまに、おすすめ映画UP!!


だって、良いんだもん♪


この映画も、公開時から気になっていて

やーっと、観ました(何年越しだ?)



[未来の食卓]




映画の紹介文より↓

食卓から始まった小さな奇跡が、
人々の幸せを紡いでいく
南フランス・バルジャック村の1年間を描きオーガニックブームを巻き起こしたドキュメンタリー!!


美しい自然に囲まれた南フランス、バルジャック村。ショーレ村長は子供たちの未来を守るため“学校給食と高齢者の宅配給食をオーガニックにする”という前例のない試みに挑戦しました。大人たちは「オーガニックは値段が高いのに、村の財政でまかなえるのか」と戸惑っていましたが、オーガニック給食や学校菜園での野菜作りを通して自然の味を覚えた子供たちに巻き込まれ、小さな村は少しずつ変化していきます。




子供達への思いがありながらも

戸惑っていた小さな村の大人たちが、

子供達の給食に影響を受けて

少しずつ変化していく様子。

子供たちのまっすぐさに

あたたかい気持ちになるとともに、

大事なことが、いっぱい詰まった映画です。

食の生産の現状について知っておきたいことも

いっぱい詰まっていて、

ドキュメンタリーで脚色や誇張がないだけに

ストレートに入ってきます。

子供さんを持つ、おとうさんおかあさん、

そして未来のおとうさんおかあさんには特に

是非是非観て欲しい!!と

心から思いました。


生産者の人たちや、子供を持つ親、子供たち・・

いろんな人の気持ちや立場に、

批判や否定でなく、

思いを致すことができる映画でもあると思います。



そんでまた、出てくる食べ物が美味しそうです(^-^)

誇りをもって、安全で自然で美味しいものを生産し

食事を提供する人たちと、

それを楽しむ人たちの、

いきいき輝いてる表情が素晴らしいです。



愛がいっぱい溢れてる映画と思いました(^-^)





子供たちの歌が心に響きます

誰かを責めてる場合じゃない

 自分の力で始めよう





最後に、ジャン=ポール・ジョー監督のことばを。

監督さんも

バルジャック村の村長さんみたく

素敵な人なんだなあ!!って思いました。


「美こそ世界を救う」に込められた 

ジャン=ポール・ジョー監督の想い


「ドストエフスキーはこういいました“美こそ世界を救う”と。この作品は自然の美しさへのオマージュです。そして自然の美しさを守る事こそが子供たちの未来を守る事だと私は信じているのです」







スポンサーサイト
[ピナ・バウシュ 夢の教室]
観たかったピナ・バウシュの映画

やっと観ました↓





ついでにこれも↓






この地球にやってきて、

わたしたち、

何十年踊り続けてる

ダンスしてるんだなって

そう思いました(^-^)





ダンス・パーティーを開きなさい。

みんなを椅子と踊らせなさい。


って、オノ・ヨーコさんは言ったな




いのちと踊りつづけるいのち



いのちと踊りたいな

みんなをいのちと踊らせたいな

木とか石とか風とかもいいな



そんな感想、そんな妄想(*^-^*)


・・・



素敵な素敵な映画でした☆



映画って
映画やドラマは

不必要に強く感情移入してしまうタイプなので、

普段あまり観ないのです。


だから、

コレもかなり観るのに抵抗していたんですが、

ついに観に行ってしまいましたよー



いまさらですが、


レミゼラブル
レ・ミゼラブル




結果。

全部の登場人物にいちいち感情移入してしまったため、

とても忙しかった(笑)


生死、愛について、人生について、生きるって?善悪って?

それらが、一見複雑だけど、

とても鮮やかに描かれていて、さすがの名作ですね。


キリスト教的世界観だなあ、とも思うけど

そういう理性的思考以前に、

直接感情に訴えかけてくる感じがとても強い。

私はというと

涙でぐじゅぐじゅ、胸はぎゅって絞られたみたい痛くて、

エンドロール流れた瞬間、どわーと脱力。

現実に戻って来るのにしばし時間を必要としました(笑)

う~だから観るのイヤだったんだよーっ

とか言いつつ、

じつは今度は家でDVD観て号泣しようかとも思っている(笑)

映画館では、周りの人の手前、

嗚咽を抑えねばならぬ!と我慢したので、

”泣き切れてない感”があるので(笑)


音楽は、

昔、私の姉(←演劇畑)がよく歌ってたので

主要な曲のメロディーは知ってたこともあり、

終わってからも、もう頭をまわるまわる・・

街中で思わず歌ってしまいそになりました。

で、家に帰って、水を得た魚は、歌う歌う(笑)

そういえば友達も日々歌ってるてblogに書いてたわ。

このビョーキはしばらく続きそうやね

サントラほしくなってきました(笑)




なにが言いたいのか

まとまらなくなってきたのでこの辺で

いやー

映画って、

ほんとーにいいものですね、


・・と、チカラ技でまとめたった(笑)






「マトリックス」
ハリウッド系映画が

ほんとに苦手なワタクシ。

美大時代は、勉強のために

無理していろんな映画みましたが、

刺激的すぎる映像音楽、暴力的シーンが超にがて。



なのに、少し前から

「マトリックス」観なくちゃな〜と

いうかんじで。

キアヌ・リーブスが、ぬおーんと弾をよけるアレです、

って知ってますよね(苦笑)

あんなに話題になったのに、今更ですが。

こわごわ観ました(笑)



なんかねーすごいねー、

よく解ったきがします、いま観ろっていうのが(笑)

なかなかポイントを押さえた映画だなあと。

で、いま観るからこそ

いろいろ深く読み取れました。



結局マトリックスワールドで経験しないと

目覚めんってことだし、

「自分を信じろ」とかよく言われるけど、

それだって、

「はい、ほんなら今日から信じましょか」

とかいう話でもないし(笑)、

「私たちは

どこに行かなければならないかを

行くことによって知る」

っていう、さっきある本で読んだ

セオドア・ローゼックの詩にも通じるなあ

なんて思ってみてました。



あとさいきんちょっと

「不思議の国のアリス」状態だった

私には、自分のアリス状態を受け入れるのにも

一役買ってくれたかなと思う。



さっき書いた

あの弾をよけたりするシーン

”時間空間っていうのは

じつは無いんよー”っていうのを

すっごいあからさまに映像で表現してて

その照れてしまうほどのあからさま加減(?)が

かなり好きでした(笑)アンビリバブル



さいごの方のオチの入れ方というか

無理矢理めな落としどころ

(キアヌが逆眠り姫みたいなとこね、笑)は、

なんかハリウッドですねーというかんじで(笑)、

ほかに突っ込みどころも、ままかなりありますが、

良く創られた映画だと思いました。

面白かったです!



この現実世界が、通常5感で捉えてる以上に

ひろがりのあるものだよってことを

探求してる人とか、

視点がばん、と変化しちゃった人、

つまりアリスの穴に落ちかけてる

または落ちちゃった人にはとくに、

頷いたり突っ込んだりしつつ観たら

面白いと思います。

観ていない方(っていらっしゃるんだろうか?)は、

ぜひどうぞ(笑)




今日の雲。UFOのかたち。

121024_1626~01

SH3512530001.jpg




ー以下ネタばれ↓

大事なのは、ネオが、
まわりの人達によって救世主に”ならされてる”ってこと
ですよね。
ネオが自分ではじめから「俺は救世主だ」と
思っちゃってたり表現してたり、
「僕は救世主になるんだいっ」みたいだと、
全然違う話になってたでしょ、
だってエゴだから。(笑)

”ネオが救世主にならされる”ように”書かれてた”。
で、予言者もネオを上手に導いたけど
そのへん理解して導いてますよね。
それはネオの”自由意志””選択”みたいなんだけど、
”周りの人にならされた”ってことになると、
実は、カギとなるメッセージを届けた「予言者」をふくめ、
その全体像がレコードされてる
創造主のマトリックス的なものがもうひとつ
大きな視点ではあるはずで、
そこが描かれてないのが
ちょっと、もぞもぞするって感じ(笑)
”自由意志”止まりになっちゃってる。
でもそこまで描くと、
映画としてヒットしないでしょうね(笑)

とにかく、自分と他人がある、んじゃなくて
全体像があるんだよー
だから「自由意志」は「自我」ではないのね。
あらかじめ在るものを選択してるん、自由に(笑)
だからやっぱゆだねる、つまり
「私が私が」っていうところから
一歩出なきゃ「私」にすらなれないんだよねー

というのを読み取ったLittle-treeでした。
わはは。

























「天地明察」観てきました! /コラージュ
今日、おひるすぎに

よく見ている素敵なブログで、

公開中の映画「天地明察」

を紹介されている記事を読み、

「わお♡これは観なくちゃ!」となって

さっそく夕方、観に行ってきました!



江戸時代に日本初の暦をつくった人のお話です。

「思いのまま生きなさい」

天命を生きるひとたちへのメッセージ



なんというか、

わたしがここでごちゃごちゃ説明するよりか

すごく良かったので、

ピンと来た方は是非みてください(笑)

それぞれに、いろんなメッセージを

受けとれる映画だと思います♪

こころがひろがるような、いい映画でした。

おすすめおすすめおすすめ〜〜!!


そして「来年は

旧暦カレンダー買おう♪」

と思ったLittle-treeでした。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


なんだか、きょうは

遊びでコラージュ創りたい〜〜!って

なってます

こどもみたいにペタペタやりたい(笑)

いまからつくります。



これは5年くらいまえに

あそびでつくったコラージュ



R8233627_20121004213049.jpg

R8233619_20121004213049.jpg


かなり大きめサイズだったのですが

1部分だけ写真が残っていました。

このころは、ちょっとPOPな感じが

自分のなかで流行っていたなあーー(笑)



みなさんもコラージュ、どうですか?

たのしいですよ〜〜♡

じぶんのいま、とか

もしかしたら理想、も見えてくるかも?!







copyright © 2005 little-treeの Tree of Life all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。